東京タラレバ娘

DSCF0409 - コピー

「東京タラレバ娘」(東村アキコ)

”Kiss”掲載のアラサー大パニック作品。

「ママはテンパリスト」や「かくかくしかじか」でお馴染みの東村作品。2017年にはドラマ化もされるそうで、これからさらに人気が出てくるであろう1作です。内容は帯に書いてあるけど”目をそらすなかれ!待っていて幸せがくるのは25歳まで!”の通り、いわゆるアラサー女子奮闘記です。でもこの作品が面白いのは、一見奮闘記のように見える結婚までの道のりを「そんなんだからだめなんじゃーい!!」と客観的に突っ込んでくれるところだと思います。女子会に切り込む東村名言に三十路未婚女子ライフゼロ必至です。ということで、今回はそんなアラサー大パニック作品の1話を簡単に紹介してみたいと思います。

DSCF0410 - コピー

DSCF0411 - コピー

 第4出動と称した女子会に集う3人(高校からの親友)

左から主人公の倫子(脚本家・33歳独身)香(ネイルサロン経営・独身)小雪(居酒屋店員・独身)3人は小雪の働く店で頻繁に女子会をやっています。

DSCF0412 - コピー

今回第4出動(緊急)で集まった故は、昔倫子が振った男が再び言い寄ってきているというもので・・

DSCF0414 - コピー

プロポがくるとかこないんじゃね?とかの話で盛り上がっているのですが、お酒がまわってきたのか、食べていたレバーと白子が話しかけてきます。

DSCF0415 - コピー

 この先を心配するレバーと白子。しかし倫子は言い寄る男に興味がないと話します。その言葉を聞き「そんなこと言ってる場合じゃないっタラ」と白子が諭してきます。

DSCF0417 - コピー

 もし彼を逃したら・・・

DSCF0418 - コピー

 注:この作品はヒューマンコメディとして楽しめますが、大方の三十路勢にはホラーとして映る場合がございます(30号)

さて、レバーと白子に熱心に諭されたおかげか、倫子はお洒落服に着替え言い寄る彼に会いに行きます。その結果がこちら↓

DSCF0419 - コピー

 (プロポ予定男)結婚前提で付き合おうと思っている子(若い)がいるんだけど、この若い子向けの指輪どうですかね?想像してたのと違う告白をされましたw

DSCF0420 - コピー

日本の男はみなロリコン説を唱える香。それがそうなら三十路それはそれでやばいw話はさらにヒートアップしていくのですが、そんな中一人の客からこう吐きかけられます。

 

客「いいかげん うるさいよ こないだから」

「さっきから 聞いてりゃ 女子でもねえのに 女子会だの 現れてもねえのに いい男と結婚だの・・・」

「ったく感心するよ・・・いい歳して「痩せたら」だの「好きになれれば」だの 何の根拠もない タラレバ話で よく そんなに盛り上がれるもんだよな・・・」

「オレに言わせりゃ あんたらのソレは女子会じゃなくて ただの・・・行き遅れ女の井戸端会議 だろ」「まあいいよ そうやって 一生 女同士で」

DSCF0422 - コピー

 「この タラレバ女!!」

言うだけ言って気分を良くしたのか店を出る客(イケメン)このイケメン(ドS)がこれから彼女たちに警句をばっしばし浴びせていきます。これが的を得ているから痛快で気持ちいいんですよ。さあ果たして彼女たちはエンドレス女子会から抜け出すことが出来るんでしょうか!?そしてこれを読むアラサー女子は何を思う!!?

 

以上。「東京タラレバ娘」の回でした!

三十路男子が読んでも色々思う所がある1作。

DSCF0425 - コピー


好きなゲームミュージックその63

「妖怪道中記」(FC)

1988年ナムコより発売のアクションゲーム。

正直ファミコン版はやったことがない30号ですが、同年に出ているPCエンジン版の方はよくプレイしていました。元々は1987年のアーケード版がオリジナルなんですが、まぁ多少の違いはあれ移植作もそんなに悪い感じはしませんです。でも個人的にBGMはPCエンジン版がいいかな^^内容なんですが、当時はROMのみしか持ってなかったので、最近調べるまで知りませんでした。こんな感じらしいですよ↓

ストーリー:いつも村の人に悪さばかりしている少年たろすけは、神様にお灸をすえられ、眠っている内に地獄の入り口まで運ばれ、閻魔様の裁きを受けるべく生きながらにして地獄巡りをすることになってしまった。(Wiki参照)

主人公は悪ガキだったようです。エロガキでもあるんですけどねwそういえばPCエンジン版は竜宮城でムフフなシーンが見れたと思うんですが、FC版はカットされてるみたいですね。いやアーケード版にも元々無かったのか・・なんでPCエンジン版で冒険したんだろwwまぁそれはともかく肝心のBGMにいきたいと思います。

FC版も悪くはないですよね。まぁPCエンジン版にはかないませんが(かたくな)それはそうとだいぶ前に”SAKEROCK”がアレンジして出してましたよね。”千のナイフと妖怪道中記”あれも良かったな↓

ということで以上。

好きなゲームミュージックその63「妖怪道中記」でした!このゲームやった人ってどのハードでプレイした人が多いんだろう?PCエンジンのイメージしかない30号でした。


好きなゲームミュージックその62

「超惑星戦記メタファイト」(FC)

1988年サンソフトより発売のアクションゲーム。

「へべれけ」でお馴染みのサンソフトから出たゲームなんですけど、これは今まで全く知りませんでした。こんな面白そうなファミコンソフトあったんですね。動画を視て自分でもやってみたくなりました。内容はこんな感じです。

ストーリー:宇宙暦2052年、ソフィア第三惑星は恐るべきGOEZ(ゴウズ)率いる「インベム暗黒星団」の襲来で、壊滅的なダメージを受けてしまう。難を逃れた衛星 NORA(ノーラ)にある科学アカデミーは総力をあげて一台の対抗マシーンを開発。それこそがゴウズ壊滅の最終兵器・超惑星万能車両メタル・アタッカー(NORA/MA-01)。その搭乗者に、天才少年パイロットケイン=ガードナーを迎えての壮絶な戦いの物語。

この超惑星万能車両メタル・アタッカーっていうのを動かすんだけど、これがね本当に万能なんですよwホバリング飛行できたり壁を吸着走行できたり水中移動なんかも可能なんです!これ絶対面白いでしょw当時プレイしていたら好きなファミコンソフトランキング上位間違いなしだと思います。さて肝心のBGMですが、これまた最高にイカしたサウンドであります!個人的に好きなステージ3のBGMがこちら↓

ファミコンサウンドって感じがしないぐらい音に厚みがあって、ベースもドラムもどんどこ鳴ってますよねw曲も良いし何度聴いても飽きません。ホント名曲です。因みに面ごとにBGMが変わるんだけど、これ以外の曲も良いので気になる人は要チェック!

ということで以上。好きなゲームミュージックその62「超惑星戦記メタファイト」でした!これは見つけたら買ってやりたいわホント・・ファミコンもってないけどもw