好きなゲームミュージックその286

「ミズバク大冒険」(AC)

1990年タイトーより稼働の横スクロールアクションゲーム。

さていつ以来の記事更新なのかあれはまだ平成だったか?今は令和なのですがまあそういうことは関係なしにミズバク大冒険のターンやっていこうじゃないかね!ミズバク大冒険しってますか?こんなゲーム知ってる人はゲーム好きしかいないと思うのですが、タイトルのミズバクとは水爆弾の略なんですが水爆とは言っても怖いものではなく、カバ?カモノハシ?顔系の主人公ヒポポの水ふうせん的な武器となっております。この水の玉をぽいぽい投げるのが気持ちいいんですよね、まあ自分実際にプレイしたことないんですけど(?)絶対面白いと思うんですよね、特にこの辺の年代のタイトーアクションゲーは何度も言ってますが、アクションはもちろん魔法がかかってるかと思うぐらい不思議な感覚にさせられます。まるで別の世界に入り込んでしまったようなそんな気分にさせられるのですが、ワインに例えると上質なビンテージワインの栓をポンと開けた時に香ってくるその時代の空気と言いますかまあ一種のノスタルジックですかなあ。まあ自分ワインとか飲まないんですけど(?)絶対面白いと思うんですよね。

さてそんな不思議な世界に連れていかれる90年代タイトーゲー「ミズバク大冒険」ですが、やはりBGMの効力は絶大だと思います。作曲は海野和子さん、以前も紹介したけど伝説の奇ゲー?「プリルラ」のBGMも同氏作曲です。今回はプレイ動画でどうぞ。

https://youtu.be/f68E9KhRtzk

曲そのものも良いけどこの年代特有のやわらかい音色がたまりませんね。因みに本作はPCエンジンやセガサターンにも移植されたりPS2だと「タイトーメモリーズ 下巻」でもプレイできるそうです。

ということで以上。

好きなゲームミュージックその286「ミズバク大冒険」でした!サントラは色々出てるようですね。

 

好きなゲームミュージックその285

「ガンフロンティア」(AC)

1990年タイトーより稼働の縦スクロールSTG。

さて平成も終わりますが今回ご紹介するゲームはこちら!ガンフロンティアです。こっちは平成が終わり令和とかいうのが始まる2019年現在ですが、こちらのゲームは舞台が2120年宇宙開拓時代を迎えた人類のお話となっております。で、例のごとく宇宙賊ワイルドリザードとかいう悪いやつらがやってきて人類がめちゃめちゃやられますもうほんとにめちゃめちゃです。そんな中2機の戦闘機がやってくるのですがそれが俺らだ!俺らがそのワイルドリザードとかいう野性味あふれる?ワイルド坊やたちにお仕置きをしにいくというゲームですおそらく。

シューティングゲーム好きしか知らない作品だとは思いますが、結構評価は良いそうでこのゲームに影響されて作られたSTGなんかもあるくらいだそうです。スクロールが遅めだったり若干渋めのSTGだと思うんですが、敵機の動きは速く後半に進むとやや弾幕ゲーのようになってきて90年代初頭にしては演出面も面白いし実際にプレイしてみたくなる魅力があると思います。同社の名作STG「レイフォース」が94年に発売されるのを考えてもここは無視できないところでしょう。

さて本題のBGMです。ゲーム同様どちらかというと渋めのBGMだと思うんですがこれが中々良いんですよね、ゲームにうまくマッチしているんです。なんでも実際にゲームを見てから作曲したということらしいのですが(逆にゲームを見ないで作曲するのってどうなの)低速飛行にもかかわらず気持ちよく空を飛んでいられます。個人的にこういう遅めのスクロールでいい曲ってあまり思いつかないので貴重かもしれませんね、それではBGMをどうぞ。

作曲は福森秀敏さんという方が担当してるそうで、乃木坂46「裸足でSummer」の作曲者でもあるということらしいのでついでに聴いてみたのですが、なるほどこれは歌なしでSTGの一面あたりで掴めそうな曲ですねとなりました。意外と片鱗が見えて面白いので気になる方はそちらもどうぞ→https://youtu.be/cUQQN7POquU

ということで以上、好きなゲームミュージックその285「ガンフロンティア」でした!ゲームはセガサターンに移植もされていてサントラもちゃんと出ているようです。それでは次は令和でお会いしましょう。

好きなゲームミュージックその284

「アクアジャック」(AC)

1990年タイトーより稼働のシューティングゲーム。

調べてもあまり情報が出てこないかなりマイナーなゲームです。Wikiもないみたいだしゲームの動画を見ても詳しいストーリーが分からないのですが、見た感じなんか悪いやつらが悪いことをして街がやべえらしくそれで川上ってそいつら倒そうぜみたいな、俺らのこの武装用ホバークラフト最高だから絶対負けないかんね、みたいな内容だと感じました。なぜ戦車でもなく戦闘機でもなくホバークラフトなのかは皆目見当もつきませんが、よくよく考えてみるとそんなこと知ってどうするの?そんなことを知ったことで人生にどう影響してくるの?と、そのような結論に至りましたのでこれ以上のホバ論の追及を断念することに致しました。それでこのゲームなのですが簡単に言ってしまえばスペースハリアーとかアフターバーナーみたいな、と言ってはあれなので同社の作品で言うと「ナイトストライカー」みたいな作品となっております。ホバーなので空は飛べませんがジャンプできたりします。ホバーには明るくないのでホバーが原則としてジャンプできるものなのかそれは分かりかねますが、恐らくできるのでしょう。アメ車ですらあれだけの大層なバウンドを可能としているのですから、これから敵基地に乗り込むやつらがそんなことくらいできないとは到底思えません。

さてそんな本作「アクアジャック」ですが、面クリ後の一枚絵がとても特徴的で、面クリするごとに次の一枚目はどんなものだろう?と思わず期待してしまうほどの画力となっております。この一枚でいくらでもボケてできるんじゃないかなどと思うのですが、気になる方は一見に如かずということでご自分でお確かめください。それでそんなことはどうでもいいのですが、肝心のBGMです。この作品マイナーゲーですがBGMがすこぶるいいんです!これ一聴してあれ?もしかしてナイストのあの方が!?と思うレベルなのですが、残念ながらエンディングクレジットに作曲者が出てこないので詳細は分かりません。でもどうも外注らしくてそれをズンタタが監修したということのようです。それではそんな中から一曲どうぞ。

曲数はそこまで多くないですが、こういうノリノリの曲がほとんどでどれも格好いいです。ただゲームがホバークラフトだからなのか曲のリズムとゲームの動きがややあってない気がします。個人的にはこのホバーがスぺハリぐらいのスピードだったら爽快だったろうになと思うのですが、そしてそういう理由があってなのかこの作品はどこにも移植されずじまいで終ったようです。なのでほとんどの人は全く知らないゲームなんでしょうね、でも何故かサントラは一応出ているようです。

ということで以上、好きなゲームミュージックその284「アクアジャック」でした!あの一枚絵でボケたいなあ。