好きなゲームミュージックその266

「サイバリオン(SYVALION)」(AC)

1988年タイトーより稼働のアクションシューティングゲーム。

トラックボールって言うポインティングデバイスを操作して遊ぶゲームなんですが、何のことやらと思う方もおられると思いますので簡単に説明させてもらいますと、ビリヤードの玉みたいやつを手でこう上下左右にコロコロさせては止めては転がすそうゆう例のあれです。ゲームでこういうものを使うのは珍しいんじゃないでしょうかねえ?ちょっと考えても他のゲームがパッと浮かびません。内容的にはドラゴン型戦闘兵器”サイバリオン”を操作して、迷路を駆け抜け各ステージにいるボスを倒すというものなんですが、操作方法に加えゲーム自体もなかなか斬新な作品なんじゃないかなと思います。

因みにWIKIには詳しく書かれてませんが、物語もなんか面白そうなのでちょっと1面のストーリーを書いておきますとこんな感じです。

ストーリー:宇宙を航行中原因不明のエンジントラブルでゲルモスという名の怪惑星に不時着、船体は粉々になってしまった!!と、そこに一人瀕死の地球人が!!・・・「た、大変だ!!異星人が人類を抹殺するため・・・巨大な殺人メカを・・・」ついに彼は息絶えた・・・私は一人敵基地へ侵入!敵の秘密兵器、サイバリオンを奪取し、決戦を挑むことにしたのだ(地球の平和を乱すものは残らずたたけ!!)

という感じの始まりなんですが、金色の竜みたいな自機サイバリオンは元々は敵のモノだったんですね、こういう流れなんかの作品でもあったな・・まあいいけど人類敵兵器盗みすぎだろ!自前でやれ自前でwwとまあそれは置いといて一面ごとにこういうストーリーが流れるんですが、なかなか物語していて惹きこまれます。で、肝心のBGMですがこの作品実際にプレイしたことはないんですが、作品名と一部の曲だけは知っていたんですよね、というのもPSの「スペースインベーダー2000」に本作品のメインテーマ曲が収録されてるんです。それがめっちゃカッコいい曲なんですよね、なのでゲームを見て金の竜が動いていて驚きました、思ってた戦闘機とちげー!w

そんな驚きだらけの「サイバリオン」ですが、メインテーマ曲以外もどれも世界観を感じる惹きこまれる曲だらけです。今回はゲーム自体も気になる方もいると思うので両方リンクを貼っておきますね、それではご堪能下さい。

プレイ動画→https://youtu.be/ON5GebIlKok

サウンドトラック→https://youtu.be/PKasrvZCic0

音楽担当は小倉久佳、渡辺恭久さんら2名で有名どころだと「ダライアスⅡ」に両名とも関わっているようです。で、この作品スーパーファミコンにも移植されてるんですが、なんとそっちの方どういうわけかBGMがAC版と違っていて、サウンドプロデューサーにすぎやまこういち、作曲は「伝説のオウガバトル」に携わった松尾 早人さんという方が担当しているようです。こっちも聴いてみたんですが、オリジナルと全く違いゲームの世界観じゃない感じも少ししますが、これはこれで凄かったですw聴き比べて見ても面白いと思うのでこちらもリンクを貼っときますね、

スーファミ版サウンドトラック→https://youtu.be/G-MZNZrgaaU

 

ということで以上、好きなゲームミュージックその266「サイバリオン」でした!サントラはいくつか出ているようで、iTunesでもダウンロードできるようです。

好きなゲームミュージックその265

「スーパークイックス(SuperQix)」(AC)

1987年タイトーより稼働のパズルゲーム。

てなわけで久しぶりのタイトーゲーです。タイトーのアーケードゲームは73年から始まったみたいなんですが、WIKIで初めからここまでざっと見てきてようやく個人的に気に入った作品がこちらです。数曲良かった作品はいくつかあるんですけどね、それはまた時間がある時にタイトルだけでも抜粋してみようかなと思います。で、この作品「スーパークイックス」ですが、元は81年に同社から発売された「QIX」という陣取りゲームの続編で、内容的にはマーカーを動かし線を引いて四角く囲んでいくゲームです。説明だけだと全く詰まらなさそうですが、実際見てみる限りそこまでつまらなさそうでもなさそうです。初代に比べてグラフィックもサウンドもかなり一新されていますしね「テトリス」のように今でも普通に楽しめるパズルゲー作品だと思います。

さて肝心のBGMですが今回はサントラ動画が見つからなかったのでプレイ動画をどうぞ→https://youtu.be/0YrprwiGMhg

作曲者は分かりませんがタイトーらしいポップで心地いいサウンドだと思います。残念ながら調べた感じサントラは出てないみたいですが、曲数が少ないからこれはしょうがないですかね。

 

ということで以上、好きなゲームミュージックその265「スーパークイックス」でした!因みにPS2の「タイトーメモリーズⅡ上巻」に移植収録されているようなので、プレイしてみたい方はそちらで遊べるようです。

好きなゲームミュージックその264

「T.M.N.T. 〜スーパー亀忍者〜」(AC)

1989年コナミより稼働のベルトスクロールアクションゲーム。

元は84年に出版されたアメリカンコミックが原作だそうで、その後アニメ化もされた人気作品です。日本でも「ミュータントタートルズ」ってタイトルでテレ東で放送されてたので、知名度はそこそこあるんじゃないですかね?個人的には亀が剣やヌンチャクを振り回して敵をわんさと倒していくイメージですが、内容は全く覚えてません。そこでちょっとWikiを覗いてたらこんな話のようですよ↓

ストーリー:ニューヨークでペットとして飼われていた4匹の亀は、動物を人間のような姿に変えるミュータンジェンの力によってタートルズに変身してしまう。タートルズは下水道の中で、同じくミュータンジェンによって変身したネズミであるスプリンターと出会う。スプリンターの飼い主だった日本人の忍術家ハマト・ヨシは、かつて彼が所属していた忍者の一族であるフット団と、そのアメリカ支部の頭領オロク・サキことシュレッダーにより殺されたのだった。スプリンターはヨシの仇を討つためにタートルズに忍術を教える。最後にタートルズはシュレッダーと対決し、シュレッダーはビルの屋上から転落して自爆する。(Wiki参照)

人が亀の姿にされてたのかと思ったら逆だったんですね、ペットの亀が人間の姿(中途半端に)にされてたようですいい迷惑ですね。まあともあれあのコミカルな感じがタートルズのいいとこですよね、アメコミの中でも割とスッと入っていける作品なんじゃないかと思います。で、ゲームの方ですがこれも面白かった覚えが、といっても実際にプレイしたのはファミコンの方ですが、ファミコンの1年前にアーケード版が出てるんですよね、ファミコンの「T.M.N.T.」はその移植版のようです。AC版の方を見てみると結構うまいことファミコンに移植されてるのがわかるんだけど、その効果影響か続編や他ハードでもソフトが発売されたりとゲーム的にも人気のようです。

さて肝心のBGMですが、担当は泉陸奥彦、東野美紀さんら2名でアニメ内のOPテーマアレンジなど聴きどころ満載です。え?OPテーマなんて知らないですって?わかりましたではBGM紹介の前にアニメ「ミュータントタートルズ」のOPをどうぞ!

この初めの”ティーンエイジミュータントニンジャタートルズ”っていう所は聞き取れてたんだけどさ、その後の”エロエロファションデノウォー”みたいなとこがさっぱり聞き取れなかったんだよねえ、その答えがまさか”Heroes in a Half Shell Turtle Power!”だったとは!どうでもいいけども少し心のつかえが取れた気がします。肝心のAC版タートルズのサントラはこちら→https://youtu.be/R4uuC82R-ak

コナミのパワフルサウンドがたまりません♪それとFC版の続編は紹介しなかったけど、そちらもBGM良いので気になる方はチェックしてみてください→https://youtu.be/i2wCJgOcO9U

 

ということで以上、好きなゲームミュージックその264「T.M.N.T. 〜スーパー亀忍者〜」でした!サントラは調べた感じ「こなみすぺしゃるみゅーじっく千両箱/平成三年版」に収録されてるものしかなさそうですね、シリーズ通したまとめアルバムあったらそこそこ需要ありそうな気もしますけど今のところはなさそうです。

こなみすぺしゃるみゅーじっく千両箱/平成三年版

 

マメ:劇中で亀が叫ぶ「カワバンガ!」(Cowabunga)はサーファー由来の言葉で「やったぜ!」という意味があるらしい。