あれよ星屑

あれよ星屑

「あれよ星屑」(山田参助)

月刊コミックビーム連載中作品。死に損なった男たちの、東京焼け跡グラフィティ。

ということでねようやくの紹介なんですが、この作品が面白いらしいというのは前々から耳にしていました。実際読むまでどういう作品なのか知らないままに読んだのですが、この作品評判通りの読み応えある一作でした。まず帯に書かれた文章に興味をそそられます。

焦土の首都、闇市、パンパン、進駐軍・・・・・・。かつて死線を共にした川島徳太郎と黒田門松は、敗戦直後の「影の時代」を生きていく・・・・・・。

戦中作品は他にもいくつか読んだことがあると思うのですが、これだけ当時の空気・・いや匂い(臭い)を感じさせる作品は中々ないと思います。もちろん実際どうだったのかは分かりませんが、何となくこんな感じだったんじゃないかという戦後の泥臭さを体感できます。その泥臭さっていうのも微妙な感じで単に気分の悪いものばかりでなく、どこかアッケラカンとした不思議な解放感(温かみ?)すら感じさせます。なんにもなくなると人の本質が浮かんでくるということなのかな・・

 

さて前置きはこの辺にしておいて、紹介に移りましょう。

今回は第一話を簡単に見ていきたいと思います。それではレッツ戦後のドタバタ!

あれよ星屑(2)

あれよ星屑(3)

主人公の一人である黒田門松は、元陸軍第三分隊の一等兵。

気は優しくて力もち(喧嘩っ早い)

あれよ星屑(4)

一方もう一人の主人公である川島徳太郎。

元陸軍第三分隊隊長(中隊一の昼行灯)現在酒浸りの毎日。

あれよ星屑(5)

かなりやさぐれていますが、周囲の人たちに助けられどうにか生きています。一方再び黒田門松ですが・・

あれよ星屑(6)

闇市を無一文でぶらついています。

そしてある雑炊屋で立ち止まる黒田。そこでたまらず一声!

 

黒田「お 俺にも一杯くれい」

 

でも無銭無職なので当然・・

あれよ星屑(7)

怒られます^^;

 

黒田「払えったってない袖は振れねえ」

店の者「開き直りやがったなこんにゃろう」

「それで通りゃ苦労はねえってんだ すっとこどっこい」

 

で、結局・・

あれよ星屑(8)

拳で語り合うことにw

見た目からも分かりますが強いです^^

 

さてそんなもめ事を聞いて駆け付けたのが川島徳太郎。

 

川島「やめんか門松ゥ」

 

「ここは俺ン店だ 壊さんでくれんか」

 

黒田「か・・・・・・」

あれよ星屑(9)

ここでようやく二人が出会います。

懐かしみながら今までの経緯を話す黒田。黒田の話によると、宮古島から浦賀そしてここ東京へと知り合いを探しに来たようですが、道中荷物を盗まれ困っていたのだとか。ひと通り話を終えた二人は戦後の東京を歩きます。

あれよ星屑(10)

あれよ星屑(11)

でも、黒田は互いに生きのびて日本でこうして会えたことを喜んでいます。

ですが川島は・・

 

川島「黒田 俺はな」

「あのとき 死んだほうが 良かったと 思っとる」

 

黒田「そんな・・・・・・」

 

生き残ったことへの思いが対照的な二人。

どちらにしても、戦時中の体験は色濃く残っているようです。

 

黒田「班長殿、日本は本当に負けちゃったんですかねえ」

 

川島「負けたな。ぺしゃんこに負けた」

 

そして故郷があるならそこへ帰れと言い、そっと札束を渡す川島・・

あれよ星屑(12)

あれよ星屑(13)

戦後の日本に何を思いこれからどう生きていくのか・・

死に損ないふたりは再び別れることになったのですが、この後何かの縁なのか、共にここ東京で生活していくことになっていきます。果たして彼らは米軍占領下の日本で、どのように心に折り合いをつけ歩んでいくのでしょうか?

 

 

ということで以上。

久しぶりに惹きつけられた漫画「あれよ星屑」の回でした!

現在3巻まで発売中。因みに2巻からは時間を巻き戻し、二人の戦中編が始まります。続きが気になる一作です!