こたつで漫画2016

冬はコタツで漫画でしょ!

12月も半ば毎度のことですが、私はコタツに寝っ転がって漫画を読んでおります。

かくかくしかじか

東村アキコ作品「かくかくしかじか」一気に読み終えましたよ^^
~大賞受賞とか言われると途端に読みたくなくなる派代表の30号ですが、いやきっと大丈夫、東村作品なら必ずや面白いはず!そう思い内容もよく知らないままとりあえず1巻を購入しました。でね、これが面白いんだわやっぱりwwなかなかないねこれだけ集中して読ませる作品は、もう続きが読みたくなってしょうがないんですw

この作品は作者の自伝漫画なんだけど、漫画家になるまでの道のりが描かれています。主に高校時代に出会った絵の師匠(先生)との話なのですが、これがホントにドラマみたいで、いやドラマより面白いんですけどね(ドラマとか見ませんが)とにかくその世界に入り込んでしまう錯覚がするほど、凄く描けている作品なんです!

とりわけ宮崎の風景画はなんなんだろうねあれは・・ほんとその場に連れてかれたかのような不思議な気分にさせられます。こういうのはやっぱり絵が上手いってことなんだろうねきっと、いや全然ど素人だから分からんけどもさwアシスタントの人が描いてるのかもしれんけどもさww何にしろ絵で何かしら感じさせられるって凄いことだと思いました。

 

とまぁ最近はコタツで漫画を読んでいますよという雑談でしたが、

そういや最近また漫画のランキングが色々発表されてるみたいですね。ちょっと一部覗いて見ましたが、知らない漫画ばかりあって驚きました^^;新しいのが次々出てるんだなとwとりあえず30号は東村作品の新刊でも読もうかなと思っています。