ボケてみますその100

幾夜幾代とお待ちまし?さらば百彼我なんつての巻。

ボケてみます600

ガラケー2台持ち「そう、iPhone ならね」

 

ボケてみます604

信者「ああ、ああーそういうことですね?」

 

ボケてみます598

爺いわく微かなる記憶を糧に暮らせといえども、今はただただ暮れるのみ。呪われし血にまさか共産とは!今はただ森をかける鬼、獣全てこれ恐れ青く走る。ズキンズキン脈打ちて配給。

 

ボケてみます599

空をゆく鳥のようにそんな気もさらさらなく、斜面を滑るプレイヤーの補助でもない。好奇心それから幾ばくかの伝統を繋ぐ湖面の寵児、そう、ネッシー!

 

ボケてみます601

焦げまくり半身浴です。拳で会話しかないこれは、急だし、急にはいかん。魂のキレ、温厚の旅立ち。オレはどこへゆく?後の英雄。

 

ボケてみます603

ドゥるるるる、え?多少ですか?つつつ熱いですね。これはこれはドクロード夏真っ盛り、太陽が沈みません。人呼んで旅情のゴーストライダー、惰性のガソリン燃やしてほとばします。えっ、ポッポですか?潰れました。今はもっぱらイオンですね、夏ですしだいたい同化です。地方避暑地への道。

 

ボケてみます606

しかめっ面出勤の希望は何処へゆく、今日も明日も摩擦祭りです。静電気気持ちいいな、おい押すなカス、首吊り輪っかに揺られ今日もゆきます。駆け込み禁止、お喋り禁止、お触り禁止、JPOP禁止、ダンス&ボーカル禁止。静かにしとけ、踊りの本場なめんな。明日は晴れるかな?明日は晴れるかな?明日は晴れるかな?明日は晴れるかな?この詩をくたびれた全人類に捧ぐ。ぷりけつ。