ビックリマン

さてさて掃除をしていると、何かしら出てくるものである。

ビックリマン出てきましたよ!80年代に生きるものは避けては通れないビックリマンシール。チョコを食べずに捨て、シールだけ集めるという社会問題までも引き起こした!?そうそれがビックリマンです!

当時は腐るほどシールを持っていたこともあったけど、今ではほんに僅か・・キラシールなんて一枚もありませんw家で見つけたのは何故かほとんどお守りばっかり・・お守りとは?知らない人の為に軽く説明しましょう。

ロッテから発売されていたビックリマンシールには、悪魔とお守りと天使の三種類のシールがあります。その三種が基本ですが、稀にキラキラ光ったシールが入っていることもあります(ラッキー!)

悪魔を倒す天使とそれを助けるお守りという感じで、シールなのにストーリーが存在するという何とも斬新かつファンタスティックなシールなのです。例えばナンバー1のお守り、きびだんご三助のシールの裏面にはこういう文が書かれています。

急降下してツッ突きヒッかき、悪魔を追い払うけど、三色だんごタイマーが鳴っちゃうと、ご主人の天使に逃げ込んじゃうヨ!

何とも良い感じにゆるく、遊び心さえ感じます(笑)

とまぁ文より証拠です。
ざっくり適当に撮ってみました。

シール1
シール2

ここら辺のシールは比較的古いものです。ビックリマンは結構長いことシリーズが続いたみたいですが、個人的に絵のタッチと色使いが好きなのは昔のものかなぁ・・

そういえば、後半の方に出されていたビックリマンって50円くらいしたような・・50円は子供には手厳しいですよね。やはり30円くらいが丁度良いんじゃない?

しかし、大人になってまさかシールの売買が行われるとは思わなかったな・・中野ブロードウェイに凄まじい量のシールが売られているんですよねぇ、初めて見たときはビックリしたな(さりげなくビックリ入れたところを評価して下さい)ものによっては結構な値段ついていたような・・

まぁ大人になって欲しくなる人もいるだろうし、あの頃の抑圧されたパワーを大人買いで昇華するもまた一つですかな?さて、ということでビックリマンシールでしたが、世の常と言いますか人気が出れば亜種が出ます。次回はビックリマン以降に出たその他のシールについても少しズームアップします・・たぶん


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA