ブレイクタイム2

はいどぞお茶です。
まぁそこら辺適当に座って~自由で自由でいいから!

はいじゃあお兄さん今からほどよく弱音吐きますよ~!
えぇ~とねぇまぁそれなりに大きな本屋さん行って来ました。行ってきてまぁコミック雑誌の棚見てびっくりしたね・・なにこれ・・一体どんだけあるんだよ・・・てゆうかそんなに需要あんのかよ!

そこの端の方のそのマニアックなそうそれそいつ!

需要あんのかよ!

いやぁ不思議でしょうがないね・・これだけ不景気なのにこれだけの数があるってどうゆうカラクリがあんだろ?そうそういい機会だから話すけど、こういう雑誌ってのは普通売れなかった場合には雑誌社に返すのだそうだ。返せばお金も返ってくるので、お店としては好都合。これはつまり、買う側からすると中古として雑誌を買えないということでもあるのです。

しかしこういう比較的新しい雑誌を中古で扱ってる人もいるにはいます。例えば駅前でブルーシートなんか敷いて売ってる人なんかいますよね?あの人たちは恐らく誰かが捨てたとか忘れただとかの物を回収して安く売ってるんだと思うけど、結構売れ行きはいいみたいです。因みにこういった比較的ちょっと前に出た雑誌は新古書という扱いになるらしく、この新古書は一般的な古本屋なんかだとまず扱っていません。ブックオフなんかも置いて無いし、まんだらけでも見たことありません(旧雑誌なら腐るほどあるけど)

さて、現在コミック雑誌制覇を目論むはかせ30号ですが、正直これらの雑誌を全て新品で買えるほど余裕はありませんwではどうするか?駅前のブルーシートおじさんから買う?wいやブルーシートおじさんの自由販売っていつ始まっていつ終わるのか、おまけに場所もよく分からないのですよこれが・・

そこで一番簡単に見つかる回答が、まんが喫茶系等で読む・・なんですがねこれ対費用効果むしろ高いです(汗)読むスピードにもよるけど、試したところやはり難しいですね・・全部に目を通してるというのもあるけど、あと時間気にして楽しめないのは避けたいし。

じゃあどうするか?
そこで見つけたのが、新古書を扱ってる古本屋を探すこと!

これなかなか見つかりません。
でも見つけると、例えばジャンプなんか100円で買えます。雑誌の種類は店によってばらばらだし、毎回そこで扱えるとは限らないのでかなりギャンブル的ですが、金銭的にはかなり節約出来ますね。

ということで今はこういった新古書があれば、それを買うようにしているわけですが、ジャンプ等の有名な物はよく見かけますが、マイナーになるほど見かける率がガクンと下がります。ちなみにLALAは全く見つからなかったので普通に本屋で購入~付録とか凄い久しぶりでしたw

はぁ~あ・・弱音一通り吐いたら軽くなったなw
とりあえず明日からまたコミック雑誌読破に戻るか・・でも、もしかしたら後半のマイナー雑誌全部新品で購入しなくちゃいけなくなるのかな・・Orz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA