ブレイクタイム7

ブレイクタイム7です。
久しぶりのブレイクタイム~コミック雑誌をはしごしてる30号ですが、まんがタグがもう少しで100いきそうですwということは、もうかなりの量のまんがを読んだことになると思います。

思いますが・・もう最終段階入ってるんじゃないか?(コミック雑誌制覇)という考えはまだまだお預けのようです・・・確かにコンビニやちょっとした本屋に並んでる物はもう粗方読んでるとは思うんですが、秋葉原なんかでコミック雑誌をざっと見てみると、あれ?こんなのあったの!?ってのがまだちょこちょこ出てくるのですアハハ・・まぁ制覇はなかなか難しいとしても、30号としてはなるべくそういったマニアックな部分まで、というかむしろそういうのが気になるのでwこれからも暇な時間を見つけて探してゆきたいと思います。

それにしても、前にも書いたかもしれないけど、漫画家ってこんなにいるのかってちと驚きです(汗)作品数もさることながら、これだけ細分化されてると、どんなに面白いマンガでも知られずに通り越していくなんてことが多々ありそうです。

マイナーものに心奪われやすい30号としては、知名度が上がらずにマイナーであり続けて欲しいという気持ちがあるのですが、逆に誰かにその作品の良さを知って欲しいという気持ちもあります。
この両者の戦いは常にあるんですが、まぁこの30号のブログ程度でもの凄い火が点くなんてことはないと思うのであまり気にせずにやってますがねw

とまぁおしゃべりはその辺にしといて、ダ・ヴィンチ・恐山さんの足跡があったのでリンクに追加させてもらいました(勝手に)月刊ビッグガンガンで紹介した「くーろんず」(ナンセンス女子高生コメディ)の人です。

で・・・だけかと思ったら月刊まんがくらぶで紹介した「輝きジョシ子さん」の人でもあったんですね・・どっちも30号のアンテナに引っ掛かってたwそれは恐らくセンス故にだと思いますよ(笑)

という感じでリンクも増やしつつ、30号はまたマンガの旅路へ戻るのですが、やや梅雨にやられて身体がぐったり・・湿気がダメな30号でした(自分ロボですから)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA