プリルラ(PS・SS)

1991年発売

横スクロールアクションゲームである。
プルリラの名を聞いたのはやはりBGMが良いという噂から。このゲーム、元はアーケードで出てた物らしくPSとSSは移植らしい。
残念ながら移植度はあまり良くないらしいが、中古屋で探していた時期がありました。というのも、このゲームはCDDA、つまりCDをコンポに入れればそのまま音楽CDとして聴けるからです。でも当時結局見つからずに、今まですっかり忘れ去られてました。

で、ようやく動画で見れたわけです。
始めBGMだけしか興味が無かったのですが、プレイ動画を見て正解でした。このゲーム面白いです!

世界観が面白い・・というか軽度に狂っている(笑)
特に、三面辺りからかなりアバンギャルドな事になってきます。今、アニメで「まどマギ」が流行ってますが、プリルラはそのアート表現を20年も前にやっていた・・といっても過言ではないでしょう(少し難あり!?)

2Pキャラは、魔法のステッキが武器で魔女っ子だし、敵キャラもまどマギみたいなヘンテコいのが出てくるし。人によっては気持ちが悪くなるかもしれないけど、はかせ30号的にはゆるく和みました。気になっていたBGMですが、凄い良かったです。これは音楽用にもゲーム用としても買ってもいいなと思いました。

ちなみにこのBGM聴いてたら、クインティ(FC)を思い出しました。
曲調が似てると思います。クインティは1989年発売(ナムコ)プリルラは1991年発売(タイトー)以外に発売年が近い!調べていたらびっくりしました。プリルラってZUNTATA作曲なんですね(汗)ZUNTATAってSTGのイメージが強いのでまさかと思いました。

クインティの方も凄いですよ。
何とゲーム製作が今や誰もが知るポケモンゲーの生みの親ゲームフリーク!しかもクインティが処女作・・いきなりですが実は、はかせ30号にはクインティに思い出があります。

あの日少年だったはかせ30号は、ドラクエ4を発売日に買いに行くためゲームショップへ朝から並びに行きました。列に並びお店の中にやっとこさ入って目を疑いました。あれドラクエ高くない?値段が一万円以上します!

そうですこれがかの有名な抱き合わせ販売ですよ!
今じゃあありえないですけど当時は人気作は売り切れが続出することもあってかこんな不埒な売り方もされていたのです(泣)そしていくつか抱き合わせのソフト欄がある中、クィンティを泣く泣く選びました・・勿論ドラクエがメインですから、当分の間クインティの存在は忘却の彼方。でもその後、何かの流れでようやくプレイされたクインティはそれはもう主張してきましたね。

オレを脇役扱いすんな!
そう。クインティ面白いんです。よく出来たゲームだしBGMも良いんです。まさかあのポケモンチームの処女作とはねぇ・・しかも、ナムコに持ち込んだ作品なのでつまりは自主制作作品。ほんとびっくりしました。BGMもポケモンと同じ作曲者なので確かに似ています。クインティの株が上がりました。でもこのゲーム知ってる人少ないだろうなぁ(笑)

なんかプリルラから脱線しましたが、プリルラは名ゲーム(迷ゲー!?)です。
こっちもマイナーなんだろうけど、見つけた時には買っちゃおうかな~という感じでプリルラ回でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA