ベアゲルター

ベアゲルター

30号とコミックス‐その86

「ベアゲルター」(沙村広明)

 

ネメシス掲載中の情欲と暴力溢れる超絶活劇作品!

「無限の住人」(全30巻)の作者さんによる新作です。

30号は「無限の住人」はようやく全30巻中20巻まで読み終えましたが、いやぁ面白いですね^^凄く惹き込まれます。時代劇ものでここまで読み続けたくなる作品はそうないと思います。そんな作者による新作「ベアゲルター」面白くないわけがありません!まずは概要からどうぞ。

 

(概要)ドイツ、中国、そして日本へ――――――!中国の売春街で起きた謎の殺人・・・・・・。それはやがて、日本の某・広域暴力団内部での現金盗難事件と結びつき、とある辺境の孤島にて、予期せぬ火花となり炸裂する!!狂気か?復讐か・・・・・?3匹の獣が牙を剥きあうおんなの修羅場!!

 

Wergeld=人命金(ゲルマン法で、殺人者もしくはその一族が、贖罪として被害者の遺族に支払う金。)

 

 

さて、3国にまたがって展開する「ベアゲルター」ですが、初めにも書いた通りエロスとバイオレンスが尋常じゃありませんw序盤(中国)から凄いことになっています^^;ということで、うまいことショートカット紹介していきたいと思います。

 

 

ベアゲルター(2)

 

広域暴力団「大鳳会(たいほうかい)」その三次団体「懸巣組」のさらに末端の構成委員――――杉戸朗(すぎとろう)いわゆる「チンピラ」である。

 

ベアゲルター(3)

 

杉戸「九州にでも逃げてよ・・・・・・バイク屋でも開いてよ へへ・・・・・・」

「ヤクザなんて本当クズさ・・・・・・スローライフに憧れてんだ俺ァ・・・・・・・・・」

「忍さん一緒に・・・・・・」

 

ベアゲルター(4)

 

発覚すれば死―――運が良くても半殺し・・と分かっていても軽々乗っかる忍さん。スローライフにはなりそうにありません^^;

 

ベアゲルター(5)

 

 

 

 

で、すぐ捕まりますw

 

ベアゲルター(6)

 

ベアゲルター(6)

 

インテリヤクザの東・・これはモテそうだw

 

忍「・・・・・・・・・ありがと」

「ア・・・・・・・・・アンタ結構ハンサムだよね ・・・・・・今 ちょっとドキドキしちゃった」

 

東「・・・・・・・・・・・・・・・・・・吊り橋効果だ」

 

 

忍の身辺調査を始める東。

そして最後にこう話します。

 

ベアゲルター(7)

 

 

 

東「若く健康で そこそこの器量があり」

「職にあぶれ金に困っている」

 

「そして」

「ある島の出身の女・・・・・・だ」

 

ベアゲルター(8)

 

と、話途中に隣の部屋から叫び声が・・お隣にいるのは罰を受けている杉戸・・・

 

ベアゲルター(9)

 

大変スポーティーな格好の女の子が・・

彼女がペダルをこぐと腕の下にある台座がとってもあつーくなります^^;

その他、電気ショックスイッチもあり。

 

ソリ「よーーーし!日暮里まで走ったぞ」

「今日はこのへんっ」

 

ベアゲルター(10)

 

 

 

終わらないww

何だこの拷問は^^;

 

ベアゲルター(11)

 

ソリ「2日だから2本だって」

 

杉戸「・・・・・・?」

 

ソリ「持ち逃げの相場」

「逃走1日につき 指1本だって」

 

「それでは左の指からお迎えでゴンス」

 

ベアゲルター(12)

 

涙を流し耐える杉戸・・

痛かった・・痛かったがしかしこれで終わり・・そう思っていた杉戸であったが

 

ベアゲルター(13)

 

 

ベアゲルター(14)

 

ちょww10分割www

これはえげつない^^;;

 

そんな笑顔で拷問を執行するソリですが、ボスの東の前では全く態度が豹変します。

 

ベアゲルター(15)

 

ベアゲルター(16)

 

さっきまで指を切り詰めていた人間とはとても思えない変わりよう^^

そこへからむ忍さん↓

 

ベアゲルター(17)

 

 

 

東がらみで非常に険悪なムードの2人w

しかしこの後、東から下される指令で2人はチームを組んで行動することになります。

 

東「忍」

「明日から懸巣組(おれたち)と共に行動しろ」

 

「今日から3日後 ある組とある企業の取引がある それを俺達が強奪する」「取引場所は「石婚島(いしくなぎじま)」お前の故郷だ」

 

 

後日、忍はソリと杉戸を含めた5人のメンバーでその島へ潜入します。

 

 

ベアゲルター(18)

 

 

ベアゲルター(19)

 

怪しい覆面の男たち・・ドイツ語での取引。

忍たちは高台からその様子を探ります。

 

しかし、そこでメンバーの一人が闇夜に映る一人の影を発見。

その直後、ドンという発砲音と共に覆面の男の顔が吹き飛びます!

 

ベアゲルター(20)

復讐の神々よ、聞け、この母の誓いを!

そう口にする謎の女。

 

一体彼女は何者なのか?

そしてこの女のせいで修羅場に巻き込まれていく忍たち・・果たして彼女らの運命は!?

 

ベアゲルター(21)

この後、この3匹の獣(めす)が凄まじい戦闘を繰り広げます。

その戦いはコミックでどうぞ!

 

 

ということで、

30号とコミックスその86は「ベアゲルター」の回でした!!

季刊誌掲載だから2巻発売はまだまだ先かもしれません・・

 

因みに戦闘シーンが気になる方は、

以前誌面で読んだ回で少し見れます→ネメシスの回

2巻→ベアゲルター2巻  3巻→ベアゲルター3巻

 

ベアゲルター1巻