ボケてみます27

また軽くボケてみますね。

怒涛の勢いで突き進む戦車

 戦車、戦艦、戦闘機、そう。お気づきの通り戦う乗り物は”戦”が付くのです。

 

戦闘用チャリ置き場

 戦闘用チャリ:戦闘員専用自転車。こげばこぐほどスピードが出る。特徴としてベルが無いが、それは相手を罵倒して注意喚起するのがルールだから。しかし、近年では逆にベルを付けるのが流行りらしい。

 

戦闘用子供自転車

 戦闘用子供自転車:近年の戦闘は若者にまで及ぶ。この戦闘用子供自転車は大体5才くらいまでの戦闘員が乗車するが、見た目と違い大体100キロまで出る。後部に添えられた二つの車輪は通常時、凄まじい音をたて相手を威嚇するが、特筆すべきは緊急時にある。右ハンドル上にあるベル(フェイク)を押すと、凄まじいスピンで後方へ飛んでくるのだ。避けようとした時には既に遅い。痛い。

 

戦闘用メリーゴーランド

 戦闘用メリーゴーランド:通称戦メリ。戦闘員訓練用遊具であるが、通常のメリーゴーランドの12倍の速度で回る。その上、上下の動きすら8倍なので、終わるまでに落馬が絶えない。因みに終わると書いたが、これは動きが止まるということを意味しない。驚く方もいるかもしれないが、この戦メリは止まることがないのだ。したがって降り時は各自の判断に任されている。そう。お気づきの方もいるかもしれないが、戦メリは乗馬の段階から乗り手を試しているのだ。

 

戦闘用デパート屋上の乗り物

 戦闘用デパート屋上乗り物:近年減りつつあるデパート屋上の乗り物をご存知だろうか?実は減っているのには理由がある。そう。実は戦闘用に改造され、密かに戦闘用デパートに配置されているのだ。だが改造されたとはいえ、その見た目は以前と変わらぬ愛くるしさ。だがだが、そのスピード、そして動きを見た者はあまりの驚きでこう言うらしい。「私の知っているデパート屋上の乗り物の動きじゃない!!」実は私はこの乗り物を直接見たことはない。なのでその言葉を鵜吞みにすることはできないが、火のない所には何とやらと言うし、やはり相当な動きをするものには違いないのだろう。

 

戦闘用耕し機

 戦闘用耕し機(たがやしき):耕し機持ち前のパワーをさらに戦闘用にパワーアップさせたのが、この戦闘用耕し機だ。耕し具合がとにかくもの凄いらしい。話によると草なぞ一気に刈り取るようだ(音が凄いらしい)そうお恥ずかしながら、私はこの戦闘用耕し機を人伝いに聞いた程度なので詳細は分からない。ただこの戦闘用耕し機のパワーの強さを感じさせる有名なあるある話があるらしく、それはこんな感じだった。「耕したところをさらに耕してしまったよ(二重耕し)止まらねんだよこいつは」よほどのパワーなのだろうことがここからも察せる。

 

オレンジ色の自転車

 まぁそれはそれとして、俺やっぱりオレンジの自転車ってちょっとムリ。

 

 

(終)

前回