ボケてみます94

そろそろ空を飛んでみますね。

小銭をグワシ!

3セントグワシ!

 

空飛ぶ凧

「凧やら烏賊やら何で水中にいる生き物ばかりなのかしらねえ?」「そりゃあおめえ空が海みてえだからだろ」「まあ、そうね」「意識的にやってんだか無意識のうちにやっちまってんだかは分からねえがな、まぁ俺からすりゃあ浜に打ち上げられた塵屑や海中さ迷ってるド座衛門なんかも打ち上げちまや面しれえと思うんだけどもな、しっしっし」「もう、やめて下さいよ。それなら私は手紙が入ったボトルがいいわ」「しっしっし、おめえさんそういうの好きだな。なんで俺みてぇな野郎と一緒になろうと思ったんだか」「ふふふ、あなたの心が海みたいだからよ」「?」「それと顔は好みじゃないけど長男じゃないし、貯蓄もそこそこあるし・・ね?」「飛んだと思ったら真っ逆さまに落ちてきやがってい」

 

もういい加減飽きてきたツァラトゥストラ

ツァラトゥストラ、部活やめるってよ。

 

心がモヤモヤしてしょうがない

マイクがさあこっちへ来いこっちへ来いってあまりにしつこく言うからさあ、俺はアイツのまなこにマスタード塗りたくってやったのよ、命令されるのが嫌いなもんでね。そしたらアイツ、僕はホットドッグじゃないぞっておどけた仕草するからさ、みぞに一つくれてやったわけ。そしたらアイツふらふらしながらテーブルにあったケチャップ持ってきて口に含むんだよ。で、吐き出して、だから僕はホットドッグじゃないぞって言うんだよね。何だか分からないけど俺はそれでカチンときちゃってさ、気が付いたらアイツは賞味期限切れのサラダみたいになっちまってた。そんなもんで、俺はめでたくパンに挟まれたソーセージのような心地良さで監視人たちと一緒にいるわけだけど、いつ出荷されるのかは神のみぞ知るってところだ。それにしてもあの感情はなんだったんだろうな?ソースに例えるとしたらタルタルか?いや、酸味が足りねえな、ともかくもう一度食ってみねえとな、癖になるぜ。

 

ミサイルを購入するアマツカさん

「これくらいのミサイルあります?」「すまないね、売り切れなんですよ。近頃売れ筋でして、飛ばすんです?」「羽があるのに飛ばさない理由はないでしょう?」「飛ばすことが目的ではないんでしょうがね、クックッ、近いうちに入れときますよ」「神に誓って早急に頼みますよ!」

 

トランポリンを楽しむ少女

「生と死は等価値、右も左もない、何故人は一つの事を分断した、がるのじゃろうってお爺ちゃんがいっ、てたんだけどじゃあ私が死んだら、悲しくないの?ってき、聞いたのね、そしたら何故君は悲しいと思う、のって言われたの、だってそんなの当たり前でしょ?、私はお爺ちゃんが死んだら悲しいよって言ったよ、そしたら・・おわっアブなっ!端っこコワいwここ硬いよw、でねーそしたらさ、生きてることは楽しい?って、言うからうんって言ったの、そしたらね、おっと・・、そしたらね、じゃあ死ぬのも楽しいかもしれないよって、言うからさあ、もうわけわかんなくなっちゃったよw、お爺ちゃん好きだけど、ちょっと嫌いかもしれないw」

 

グッと親指を立てたお爺ちゃんの思い出

全て良し!ってお爺ちゃんが昔言ってたけど、それって全て良くないってことでもあるのよね、はあ~お爺ちゃんともっと色々な話したかったな・・

 

死を迎える数日前のある男の姿

空が海なら宇宙は深海、そこにはやはり生命がいるのじゃろう。果たして人は進むべきか?この病を分かち合うために?宇宙に言葉はいらんし似合わん。ああ、それは可能か?言葉を使わずにそのものを取り出すことは?これを言葉で問わねばならぬもどかしさよ、しかし、いやそうなったとしてどうなる?この繰り返しはいつ終わる?私はいつ消える?消えない?いやその答えはもう出ているじゃないか、何故また蒸し返す?何を探しているんだお前は?・・・・・・さて、そろそろ帰るとするかのう、ヘルパーがまたうるさく言うかもしれん。全く尿漏れがなんだというのだ?そんな微細な問題に囚われているから前に進まんのだ、是全て良し!

 

 

(終)

前回