ローカルワンダーランド

ローカルワンダーランド

「ローカルワンダーランド」(福島聡)

ハルタ掲載の短編集です。あの「星屑ニーナ」の作者さんによる新作なんですが、これかなり評判が良いらしく気になっていました!個人的にも星屑ニーナはブログで何回も取り上げる程好きな作品だったので、こっちも楽しみにしていたのですが読んでニヤリ、やはり面白いです(^^)なので今回も簡単に紹介してみたいと思います。まず1巻目ですが、全6作品が収められています。タイトルは、

1、深作彗(ふかさくけい)2、突撃!RZ‐1 3、3030年 東京オリンピック 4、決断 5、エロチシズムの歴史 6、ローカルワンダーランド 2巻は、7、サンライズ出雲 8、精神論2015 9、ペットショップガール 10、ストレート・アヘッド 11、サルビアの蜜 12、もしも〇〇が✕✕だったら  最終話、夜明け前

1は、憧れていた同級生(小学)の女の子とのお話し。2、愛車RZ‐1の機嫌を損ねた輩を追い詰めるお話。3、3030年東京オリンピックのコスチュームデザインを決めるお話。4、殺し屋常滑(とこなめ)さんのお話。5、妄想に勝るエロは無しというお話。6、ある町に起きた事件(電線にマネキンが吊り下げられる)の犯人を突き止めるお話。7、浮気をしたら幽霊になったお話。8、キャンキシェイ(色即是空)のお話。9、売れ残りのペットを殺処分するお話。10、ナウシカを観て何も想わないってのはどうかしてるというお話。11、困っているとおっぱいを見せてくれる世界のお話。12、漫画家になるために思考を柔らかくするお話。最終話、毎晩ひとりで「どどどど」と叫ぶ馬鹿(愛すべき)のお話。

 

という感じのラインナップですがどれも独特な味があって面白いです。今回はこの中から1作目の「深作彗」をちょっと取り上げてみたいと思います。

深作彗(1)

深作彗(2)

深作彗(3)

深作彗(4)

(というワケで ボクは深作彗にあこがれていた)

(好きというのとは違う あこがれていたのだ)

 

(でもさ)

 

(ボクは深作彗とは口をきかなかった)

(なぜかって)

深作彗(5)

(深作彗は誰とでも話をする)(平等に なかよく 話をする)

(ボクが 深作彗と話をしないこと・・・・・・)

 

(もしボクが)(深作彗と なかよく話をしてしまったら・・・・・・)

 

(ただの)(友達になってしまう)

(それが 嫌なのだ)

(ボクは深作彗にとって)(異物でありたいのだ)

 

(だから ボクは・・・・・・)(深作彗とは 口をきかない)

(彼女は)(ボクの特別な存在なのだ)

深作彗(6)

                                               という小学生の話なんですが、この後2人は何事もなく30代になって同窓会で再び顔を合わせることになります。小学生だった頃と雰囲気の変わらない深作彗の姿を見て興奮するボク(雨宮)果たして30年越しに二人の関係は変わるのか!?それは読んでのお楽しみです(^^)!

 

以上「ローカルワンダーランド」でした!2巻完結です。

「星屑ニーナ」の回はこちら→30号とコミックス➂