中ヒットしているやつ(2)

 

久しぶりの”中ヒットしているやつ”です。

このタイトルで前回やった時は2012年12月で「まじもじるるも」を紹介していたようです。・・自分のブログ検索して知りました^^;

その時にも書いていますが、30号基本的に厳しめのチェック(キリッ)なので、単行本紹介の時は基本的に個人的に大ヒットした作品以外は載せていません。つまり中ヒット作品紹介は珍しいというわけです!ということで2年越しの中ヒット作品の回いってみよヽ(^o^)丿

ひとりぼっちの地球侵略

「ひとりぼっちの地球侵略」(小川麻衣子)

月刊少年サンデー連載中ファンタジー作品。

あらすじ:4月、広瀬岬一は県立青箱(せいしょう)高校に入学する。入学式の朝、岬一は突然現れた仮面の少女に「命をもらう」と告げられ追い回されるが、一旦は難を逃れる。その少女は同じ高校の2年生、大鳥希であった。希は岬一に「10年前に宇宙船団が街を襲い、そのとき心臓に致命傷を負った岬一に自身の心臓を与えた」と話し、岬一を地球侵略の仲間に誘うが、希の話を信じられない岬一は誘いを断って帰宅する。その夜、岬一の祖父が宇宙人に襲われる。岬一は家族を守るため、希の仲間になって地球侵略に協力すると約束するのであった。(Wiki参照)

こんな感じに↓

ひとりぼっちの地球侵略(2)

軽いノリで地球征服(侵略)を持ちかける大鳥希さんと

ひとりぼっちの地球侵略(3)

それを断固として断る広瀬岬一少年の物語。

 

大鳥さんの話に全く聞く耳持たなかった広瀬ですが、侵略の内実を少しずつ知ることによって歩み寄り出します。地球侵略・・それは他宇宙人から地球を守るということ。この星を守る為に侵略するということ。

家族を守るという名目で仲間になった広瀬少年。初めは自由奔放で自分勝手な女だと思っていた大鳥に対して気持ちの変化が表れてきます。

 

”宇宙の中でたった一人で他の星にきて、”

”遠く離れた 故郷から言い渡された任務を忘れず忠実に 果たそうとする”

”それは一体どれほど つらく寂しい ことなのだろう。”

 

様々な想いを胸に日常生活を続ける二人。そこへ次第に異形の姿をした外宇宙人たちが迫ります。果たして二人の運命はいかに!?

 

といった感じなのですが、本家のサンデーに掲載されていてもおかしくないような王道のラブコメファンタジーみたく、誰にでも読みやすい作品だと思います。

と、紹介しといてなんですが、1巻を読んだ時は正直30号次巻を読むか悩みました^^;あまりの王道っぽさ故でしょうかwこの歳になると食指が中々進みません。でも何か気になりますwということで、とりあえず2巻までは読んで見ようということに・・そして読んでみると新キャラが続々登場!

中でもお気に入りはこの何でも変身できてしまうという外宇宙人(通称リコ)↓

ひとりぼっちの地球侵略(4)

可愛いは正義といいましょうか・・これはずるいですww

その他にも広瀬の双子の兄・凪とか出てきていい感じにかき回してくれるのですが、続きが読みたくなった決めてとしては、何といっても1巻ではちょっと固め(暗め?)だなぁと思っていたキャラ同士の会話&コメディ部分。2巻ではそんなものどこへやら、キャラのやり取りが凄く生き生きしていて面白いです!特に大鳥さんのキャラが良い感じに酷くw

そんなこんなで続刊を読み続けている「ひとりぼっちの地球侵略」ですが、現在コミックは7巻まで発売中だそうです。人気作品なんだろうけどゲッサン連載だから知らない人も多いかもしれませんね。でもこれいずれアニメ化するんじゃないかな?そしたらもっと人気出ると思います。

ということで久しぶりの”中ヒットしているやつ(2)”でした!

リコかわいいよリコ(*´▽`*)