地獄組の女

地獄組の女

「地獄組の女」(SABE)

2000年に発行された本作は、ヤングヒップという雑誌に掲載していた作品です。SABE作品の中でも人気の高い作品らしいのですが、確かに読んでみてコアなファンがいるのも納得できる不思議な魅力があると思いました。エロ&バイオレンスにどうしょうもない笑い、なんだかどことなく華倫変を想起させるところがあるのですが、女性の描き方やセリフなんかにもあの特有の感覚が宿っているような気がします。ということで、今回は簡単に本作「地獄組の女」を紹介してみたいと思います。上記の通りエロ&バイオレンスが強いのでそこらへんはカットを多用wそれではどうぞ!

 

物語の舞台は1995年、世界征服をもくろむ悪の秘密結社”地獄組”によってちょっとだけ混乱している日本。

地獄組の女(2)

親に注意されながらも夜遅くにフラフラする少女、星野まよみ(絵左)事は彼女が男とお楽しみ中に起きます。

地獄組の女(3)

地獄組の方々が来襲!男はあっさり殺され、まよみは束になって強引に陵辱されます。

地獄組の女(4)

次に彼女が目覚めたとき、そこは手術室のような場所で何故か彼女はバニーガールの姿に!

地獄組の女(5)

ドクター・ヘルという地獄組の科学者を名乗るその男は、わりかし軽めに改造したことを告げます。そして組長の元に連れていかれるまよみ。

地獄組の女(6)

キョトンとするまよみにドクター・ヘルから蹴りとともに一言。

ドクターヘル「口で奉仕して さしあげるんだよッ」

嫌がるまよみに、言うことを聞かないと体内に仕掛けた爆弾が爆発するぞと脅すドクヘル。まよみは否応なしに服従します。

(なんであたしが こんな目に・・・)(あわなきゃならないの!?)

地獄組の女(7)

帰宅したまよみを待っていたのは母親の罵声そして平手打ち!娘を思う母の気持ちありきのことですが、それに気づかず彼女は取り返しのつかないことをやってしまいます。

地獄組の女(8)

レーザービームで母親を殺めてしまったまよみ。頭からは煙が噴出しています。この後なんやかんやあって総理大臣抹殺の任務を与えられるのですが、その続きはコミックでどうぞ!

一応補足しておくと地獄組には敵対する勢力があって、この後、天国組という組織と戦うことになっていきます。

地獄組の女(9)

ハクい姉ちゃんに目がない地獄組の組長・・これは黙ってるわけがありませんね!それと忘れてましたが、シリアスな展開に急に挟まれるデフォルメキャラも見ものです↓

地獄組の女(10)

ということで以上。「地獄組の女」でした!因みにその他の作品も結構出てるので気になった方はこちらも要チェックです↓惜しむらくは作者のSABEさんが41才という若さで早逝されていることですね。

さべちん&串やきP

地獄組の女 1 (ワールドコミックススペシャル)

さべちん (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)

串やきP 1 (MFコミックス)