好きなゲームミュージックその126

「悪魔城伝説」(FC)

1993年コナミより発売のアクションゲーム。

このゲームってこんなファミコン後期に出てたんだ!?って思ったんですけど「悪魔城伝説」って元がディスクシステムで発売されてるんですね(86年)これはそのファミコン移植版のようです。このシリーズは派生作品も含めてもの凄い数のゲームが出てる人気作品なので、BGM紹介としては久しぶりのメジャータイトルかもしれませんw海外でも人気がある作品だし、ゲームとしてだけでなくBGMも高い評価を受けています。作曲を担当しているのは、以前「キャプテンセイバー」で紹介した山下絹代さんと「グーニーズ」の作曲をしている寺島里恵さんの二人。女性コンビで作ってたんですねー(^^)当時としては結構めずらしいんじゃないでしょうか?

因みにストーリーはこんな感じです。

ストーリー:中世ヨーロッパの平和な小国トランシルバニア。この国には「魔王ドラキュラは100年に一度、キリストの力が弱まるころに、邪悪な心の人間の祈りによって復活し、復活のたびに魔力は強くなる」という伝説がある。ドラキュラは過去に一度この世に復活したが、世を暗黒の雲で覆い闇の世界に君臨せんとするドラキュラの野望は、英雄クリストファー・ベルモンドとの死闘の果てに打ち砕かれ、トランシルバニアの片田舎で再び眠りについたのであった。

それから100年が過ぎようとしていたイースターの夜、町ではキリストの復活を記念した盛大なカーニバルが催されていた。一方そのとき町外れでは、荒廃した修道院跡で、邪教徒がドラキュラ伯爵の亡骸に人の生き血を注ぐ黒ミサの儀式を行い、不死の生命を復活させようとしていた。突如邪悪な雷雲が町を覆い、一筋の稲妻が修道院をつらぬく。ドラキュラ伯爵が再びこの世に舞い戻ったのだ。この危機に、ベルモンド一族の血を受け継ぐ青年シモンは、ドラキュラ伯爵を討つべく、父譲りの不思議な力を秘めたムチを手に、一人ドラキュラの城へ乗り込んだ。(Wiki参照)

そういえば剣じゃなくてムチ使うんだよね、父親ゆずりだから使ってたんですね、でも不思議な力っていうか不思議なのは何故父がムチを?じゃないかと思うんですがwんーどうでしょう?さてBGMに参りましょう。今回は全曲リンクを載せておきます→https://youtu.be/-cl2kL_9tg0

ということで以上。好きなゲームミュージックその126「悪魔城伝説」でした!思ったほどプレ値は付いてないみたいです。