好きなゲームミュージックその139&140

「Contra Force」(Nes)

1992年Konamiより発売のアクションゲーム。

日本でいう魂斗羅シリーズです。ですが公式にも外伝扱いを受けているというちょっとアレなソフトwキャラクターも違えばシナリオも本家とは違うのですが、何といっても処理落ちが見るに堪えないほど酷いことになっております(^-^;本家から敬遠されるのも納得の出来wもうね処理落ちスピードが基本でたまに普通のスピードに戻るレベルですよこれwどうしてこんなことになってしまったのか不思議でしょうがありません。そんなアレコントラですが惜しいことにBGMが凄い良いんです!後期コナミサウンドがウネリまくりです!曲担当は松原健一さん、冨田朋也さん、Y,MANNOさんの3人。のっそり動いているキャラとは正反対の超技巧的速弾きサウンドです。→https://youtu.be/z5n_McFLr20

ラスボスのM字開脚を見るためにこのストレスに耐えなければいけないのかと思うと、もう死にたくなりますよw

 

さてお次です。

「Elite」(Nes)

1991年Imagineerより発売のSFシミュレーションゲーム。

ファミコンでいうところの「スターラスター」みたいなゲームで、宇宙船に乗って惑星を探索するのが目的のゲームです。このゲームは84年に生まれて以来世界中でコアなファンがいる人気作らしいのですが、最近ではスチームなんかでも新作が発売されている現役のシリーズ作のようです。一応そっちの新しい方も見てみましたが、なんか凄かったですwオープンワールドで宇宙空間を自由に行き来できるらしいのですが、こんなゲームあったんですねΣ(゚Д゚)日本ではまだまだマイナーなのかもしれませんが、知らない人は一聴してみる価値ありですよ!今リアルタイムで漫画の「プラネテス」を読んでいるんですが、男は一人どこか遠くへ行きたくなるものなんですよねwそういう気持ちを満たしてくれるのが本作かもしれません。曲担当はDavid Whittakerさんという方です。それではプレイ動画でどうぞ!

ということで以上。好きなゲームミュージックその139「Contra Force」と、その140「Elite」でした!因みにコントラフォースは去年CD収録されたそうです!”魂斗羅クロニクル VOL.2”↓