好きなゲームミュージックその143&144

「Gumshoe」(Nes)

1986年Nintendoより発売の横スクロールアクションゲーム。

なんか任天堂っぽい音だなあと思ったらまさかの任天堂作品でした(^^)バルーンファイトっぽいんですよね雰囲気が、風船も出てくるしwでもまさか普通のアクションゲームではなく、光線銃を使ったゲームだとは思いませんでした。

Nes用のザッパーという、ファミコンだと「ワイルドガンマン」なんかで使う光線銃↑を使うんですが、キャラや障害物を撃ってうまく進ませていく斬新なゲームです。内容的には刑事スティーブンソンがマフィアにさらわれた娘を助ける物語のようですね。BGMを担当しているのは任天堂でお馴染みの田中宏和さん!それではどうぞ。

因みに86年はドラクエ1が出た年で、日本では任天堂からはソフトは出てないようです。「バルーンファイト」や「レッキングクルー」なんかは85年に発売されてます。

 

さてお次です。

「Heavy Shreddin’」(Nes)

1990年Parker Brothersより発売のスポーツアクションゲーム。開発はImagineering。

スノーボードに乗ったキャラを操作して目的を達成させるゲームです。ただゴールを目指すだけでなく、ハーフパイプやモーグルのように特定の技を決めないといけないようなのですが、これ結構面白そうです。基本斜面を滑るので斜め視点なんですが、あまりファミコンでは見ないタイプなので新鮮に感じます。BGMを担当しているのはMark Van Heckeさんという方。ノリノリですよ(^^♪

ということで以上。好きなゲームミュージックその143「Gumshoe」その144「Heavy Shreddin’」でした!海外製のものばかり出てくるかと思いきや、日本製のゲームが結構あるのに驚きです。