好きなゲームミュージックその157&158

「Incredible Crash Dummies」(Nes)

1993年LJN発売のアクションゲーム。

開発はSoftware Creationsの本作ですが、毎回フォリン兄弟が曲を担当している中、これは兄のジェフ・フォリンのみのクレジット作となる珍しい一作です。聴いてみると弟もいるんじゃないかと思うようなサウンドなのですがwやはりこの兄弟はどちらも凄いということなのでしょうね(^^)しかしこのゲーム、タイトル全然聞いたことなかったのですが、90年代初頭に海外で発売されたアクションフィギュアが元となっているそうで、日本でも「クラッシュダミーズ」としてフィギュアが発売されていたそうです。

車の安全テストで使われるダミー人形が主人公の物語らしく、フィギュアの方はボタンを押すと体が爆発四散するそうですwゲームの方も敵にやられると体の部分が爆散するのですが、その想像以上のビジュアルに驚かずにはいられないでしょうwそれでは実際にプレイ動画でご確認をどうぞ。

因みにNesだけでなくスーファミなどでもソフトが出ているのですが、ゲームとしてもBGMとしても本作が一番出来が良いんじゃないかと思います。LJNという会社はクソゲー制作で有名らしいですが、本作は稀な例なのかもしれませんねw

 

さてお次です。

「The Lane Ranger」(Nes)

1991年Konamiより発売のアクションアドベンチャーゲーム。

この作品日本では全く知名度がないようですが、コナミの名作ゲーに入れるべき超オモローな1作です!自分も動画視聴するまで全く知らなかったのですが、元は1933年にアメリカで放送していた西部劇のラジオドラマだそうで、そこから派生してコミックやTVドラマにもなったりしている人気作のようです。作品は知らなくても、こんなセリフは聞いたことある人いるんじゃないでしょうか?「ハイヨー、シルバー!」「インディアン嘘つかない」そうなんですこの有名なセリフの元ネタは本作「ローン・レンジャー」で使われていた言葉だったのです(´゚д゚`)最近ではジョニー・デップ主演で映画(2013年)にもなっていたそうですが、いまいちタイトルが頭に入ってこないのは私だけでしょうか?

「鞍馬天狗」だったら、速攻頭に残るんですけどねwまぁそんな話は置いておいて内容の方ですが、簡単に言うと悪いものぶっ潰すマンです。原住民の子供とタッグを組んで悪者をとっちめるお話、それではその辺も踏まえてそろそろBGMの方へ参りましょう!今回はゲームとしてもレベルが高いのでロングバージョンのプレイ動画リンクを貼っておきます→ローンレンジャープレイ動画

後期コナミサウンドは言うまでもなく、ゲームがめちゃめちゃ面白そうです!初め横スクロールアクションなのかなと思ったら、急にガンアクションに様変わりしたり、どんだけバリエーションあるんだよ!と思うほど色んなものが詰め込まれてますw(敵を倒した金で武器を買ったり体力を回復したりとRPG要素すらも垣間見える)単なるアクションアドベンチャーゲームに収まりきらないボリューム感満載の本作、Nesができる環境だったら間違いなくやってみたいソフトです!

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその157&158「Incredible Crash Dummies」&「The Lane Ranger」でした!「ローンレンジャー」は個人的に好きな「マッドシティ」を軽く超えた気がしますwこれだけの作品が日本でマイナーなのはホント不思議でしょうがありませんね。