好きなゲームミュージックその159&160&161

「Treasure Master」(Nes)

1991年American Softworksより発売のアクションゲーム。

いよいよ今記事でNes良BGMの旅も終わりですが、やはり最後に締めをするのはこの人が相応しいでしょう。本作のBGMはもはやNesサウンドを語る上で絶対に外せないTim Follin氏が担当しています!今までに紹介してきた氏の担当作品を並べてみると「ソルスティス」を始めとして「Kiwi Kraze」「Indiana Jones And The Lost Crusade」「Sky Shark」「Target: Renegade」「Silver Surfer」といった、オリジナル&アレンジを含めた作品群となっております。その中でも本作「トレジャーマスター」ですが、Nes後期の氏の作品ともあり今までの音の総括とも言える凄まじいサウンドに仕上がっています(^^)

「ソルスティス」や「シルバーサーファー」のアレンジかと思われるような曲も散見できたりするので、過去作で好きなBGMがある方は楽しめると思いますよ。それではそんなNes集大成BGMをどうぞ!

全曲良いのでこちらもどうぞ→トレジャーマスター全曲リンク

因みにこのゲームはミュージックビデオでお馴染みのMTVが賞金を掛けていた作品らしく、欧米では当時盛り上がっていたそうです。賞金がなかったらこんなゲームやらなかったとかいう話もちらほらあるようですがw

 

お次です。

「Wolverine」(Nes)

1991年LJN発売のアクションゲーム。

アメコミでお馴染みのウルバリンを主人公とした作品ですが、上記の「トレジャーマスター」がティムフォリン担当に対してこちらは兄のGeoff FollinがBGMを担当しています。紹介した中では「Incredible Crash」以来の兄単独作品ですね、いやこちらも凄い良いですw兄弟そろって締めに相応しいBGMだと思います(^^♪

さてラストです。

「StarTropicsII」(Nes)

1994年Nintendoより発売のアクションRPGソフト。

正式タイトルは「Zoda’s Revenge: StarTropics II」前作もNesで出てるのですが、内容的に簡単に説明すると、さらわれた考古学者の叔父を助ける主人公→その裏に潜む謎が気になってくる主人公→そういえば叔父さん潜水艦持ってましたよね?貸して。というもので続編はその謎の元となるゾーダという悪者を、今度こそ根絶やしにするぞというお話しになっているようです。海外ではゼルダっぽい作品として結構人気らしく、最近出たNesミニの北米版にも収録されてるようですよ(WiiUでも可)

それにしても任天堂がこんなソフトを出していたなんて知りませんでした(^^)検索してもほとんど日本では出てこないのでマイナーソフトなんでしょうけど、結構な大作ソフトにしては意外な気もします。ファミコン最後期っていうのも大きいのかな?さて本題のBGMですが、担当はT・KUMEGAWA&Y・HIRAIのお二人です。今回は知らない人も多そうなのでロングプレイ動画のリンクを貼っておきます→https://youtu.be/37q0VybbpFA

ということで以上。好きなゲームミュージックその159&160&161「Treasure Master」&「Wolverine」&「StarTropicsII」でした!さて次はどうするかな・・・需要無視で突き進んでいきますよ(=゚ω゚)ノ