好きなゲームミュージックその262

「キューブリック」(AC)

1989年コナミより稼働のパズルゲーム。

これまたWikiのないコナミゲーです。ゲーム内容は簡単に説明すると”チクタクバンバン”のようなこうなんていうの下の台っていうかプレートっていうかそれをスライドさせてこう道をつなげていって走ってくるやつが脱線しないようにあくせくするやつです。因みにコナミもチクバン発売の翌年(1982)に「ガッタンゴットン」っていう似たような内容のゲームをアーケードで出してるんだけど、まさか7年後にスタイリッシュになって帰ってくるとは誰が思ったでしょうね?ガッゴ(ガッタンゴットン)の方は正直微塵もやりたいとは思いませんでしたが、7年越しとあってこのキューブリックの方はポップに改良されていて意外に今でも遊べそうな感じです。

とはいってもさして語ることもないので本題へ参りましょうか、曲担当はエンディングクレジットよりサウンドプログラム、K.SATORU、サウンドデザイン、N.KAZUO、O.MASANORIさんとなっております。それではサウンドトラックをどうぞ→https://youtu.be/LFb49gT-XDQ

かなりBGMに支えられてる感じがしますね、心地いい音色です。このゲームもそうだけど本編のBGMだけじゃなくてエンディング曲やネームエントリーの曲がいいのって結構ありますよね、なかなかプレイ中は聴けないのでサントラで後々聴いて「おっいいじゃん」ってなることしばしばのやつです。そうサントラがあればいつでも気軽に・・ってないのかーいキューブリック!

 

ということで以上、好きなゲームミュージックその262「キューブリック」でした!因みに本作のアレンジ版「ジャンクション」がメガドラで出てますが全く違うゲームになってました。あと今思い出したけどファミコンの「ブロディアランド」もこういうタイプのゲームだったなあ。