好きなゲームミュージックその167&168&169

「ファルシオン(FALSION)」(Disk)

1987年コナミより発売の3Dシューティングゲーム。

ファミコン3Dシステム対応という珍しい本作ですが、バーチャルボーイ的なスコープを装着することにより文字通り立体的な画面で遊ぶことが出来ます。スコープを持っていないので動画を視ても二重にぼやけて見えるだけだったのですがwBGMが凄い良いのでそこを差し引いても惹きこまれる作品でしたよ。因みに物語はこんな感じです↓

太陽系にある惑星の殆どを植民地としていた人類だったが、 突如現れた「ギガントス」と呼ばれるエイリアンの母船により冥王星のコロニーが侵略された。 植民地の更なる拡大を計画しテスト開発された高速移動技術「ハイパーゾーンドライブ」。 その未完のシステムが搭載された船「ファルシオン」に人類の未来が託されたのであった。(Wiki参照)

「グラディウス」シリーズとは物語上の関係はないそうです。さて今回はどれもノリノリなハイテンションサウンドなので全曲リンクを貼っておきます。

https://youtu.be/BiEl042SLTM

個人的に3面の”Narrow Road”からの流れはとてもグッときました٩( ”ω” )وマイナー作品だと思いますが、正直グラディウスより好きですwもっと聴かれるべき一作!

さてお次です。

ファミコングランプリ F1レース」(Disk)

1987年任天堂より発売のレースゲーム。

ファミコンのF1レースを想像していたら全く違ったゲームでしたwいわゆるトップビュー式の上から眺めた視点で車を動かすゲームです。上位入賞することで賞金を稼ぎ、より性能の高い車にしていくことも出来るそうな、あのF1から考えると凄い変化ですよね(^^)その中でも個人的にBGMの力は大きいと思うのですが、どうも作曲者は不明だそうですね。そういうことなのでまた当てときましょうか?wうーんこれはバルーンファイトでお馴染みの田中さんですね(キリ)リズムがそんな感じがします。ジャンル的にスカとか入ってるし、レゲエの流れからは自然なんじゃないでしょうか。まぁ全曲かは分かりませんけどwそれではご自身の耳でご確認ください。

続編の「ファミコングランプリⅡ 3Dホットラリー」もBGM良いので、そちらもおススメです!

 

さてラストです。

「バブルボブル(BUBBLE BOBBLE)」(Disk)

1987年タイトーより発売のアクションゲーム。

元は86年に稼働したアーケード版です。このゲームについては以前にも書いているので、細かいことはそちらを参照してもらうとして→バブルボブルの記事

早速BGMの方へ参りましょう!曲は君島正さんが担当しています。

やっぱ良いなー(*‘ω‘ *)魔法がかかってるのかな?

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその167&168&169「ファルシオン(FALSION)」&「ファミコングランプリ F1レース」&「バブルボブル(BUBBLE BOBBLE)」でした!ディスクシステムの拡張音源はファミコンとはまた違った趣があって良いですよね(^^)