好きなゲームミュージックその170&171

エキサイティングサッカー コナミカップ」(Disk)

1988年コナミより発売のサッカーゲーム。

スーファミの「フォーメーションサッカー」的な縦長画面のゲームです。恐らくマイナーソフトだと思いますが、そこはコナミサウンドということでかなり爽快なノリノリ曲になっております。サッカーゲーで良BGMは「Jリーグ ファイティングサッカー」以来でしょうかね?個人的には本作だと後半戦の曲が特に好きですが、Wikiによるとエンディング曲の人気が高いようです。まぁどの曲も良いんですけどねwそういうことなのでエンディング曲まで聴けるトラックを載せておきます。それではどうぞ!(Nes版)

お次です。

ジャイラス(Gyruss)

1988年コナミより発売のシューティングゲーム。

元は83年のアーケード版で”Atari 2600”や”コモドール64”を始めとした様々なハードに移植されてる作品のようです。ジャンル的にはトンネルシューティングとかチューブシューティングなどと言われているそうですが、あまり聴き馴染みのないジャンル通り、今まで見たことのないタイプのシューティングゲームでした。簡単に説明すると、画面上から見下ろした円筒状の縁を360°ぐるぐる回転しながら敵機を倒すというものなのですが、疑似3D技術?の力も相まってなかなか面白そうな一作でした(^^)

そんな視覚的にも斬新な「ジャイラス」ですが、BGMがこれまた素晴らしいです!前回の「ファルシオン」もそうですが、むしろグラディウスよりいいじゃん!(個人談)と思うほどの名曲揃いです(^^♪それではどうぞ!

初っ端のJ.S.バッハの「トッカータとフーガニ短調」のアレンジで、心鷲摑みですw

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその170&171「エキサイティングサッカー コナミカップ」&「ジャイラス(Gyruss)」でした!Diskのオリジナルタイトルとしては「ジャイラス」がコナミのラスト作らしいので、しばらくはコナミ曲封印になりそうです。