好きなゲームミュージックその178

「Avalanche」(AC)

1978年Atariよりリリースのアーケード用アクションゲーム。

いわゆる雪崩ゲーである。いわゆられても困ると思うので簡単に説明しておくと、上部から落下してくる岩を落とさずに上手いことキャッチするゲームです。内容は実際に動画を視てもらうとして、このアタリという会社は「Pong」(1972)という卓球ゲームをACで出して以来、そこそこのタイトルを稼働させてきているのですが、ざっと動画を視てきた感じBGMがあまり使われていません。あまりというかほとんど使われてないかも(;’∀’)80年代後期までの上がってる動画を見た感じ、プレイ中に音楽がしっかり流れる作品はホントに稀で、83年の「スターウォーズ」で初めてそれらしいBGMが聴けました(感動)

海外ではあまりゲームの音楽は力を入れてなかったんでしょうかね?英国にしてもほとんど曲のあるゲームは無かったし、逆になんで日本はむしろBGMに力を入れ出したのか不思議な感じもしますが、んーなんかこの問題は論文に出来そうな内容ですね( ..)φ長くなりそうなので後は優秀な学生に任せて本題のBGMに参りましょう。さて本題の曲なのですが、上記の通り70年代のゲームにBGMなどあり得ませんwでは何故本作「Avalanche」を選んだかというと、これが雪崩の音が入ってるんですね~(‘ω’)ノええ、曲というかノイズですよ、混じりけのない良ノイズです。このノイズがまた素晴らしいんですね~!・・えっ?あまりの音のなさに気でも狂ったのかですって?いやいやゲーム音楽においてノイズは大事な音の一つなんですよ!よく聞くでしょ限られた音数の中にノイズを入れて音圧を稼ぐって技法。

それだけじゃなくてノイズミュージックの歴史にもゲームBGMは深く関わってると思うんですけど、これもまた論文作れそうな内容なので後は優秀な学生に任せておくとしましょう。それでは雪崩音をどうぞ!

ゆっくり音が大きくなってくるとことか頑張ってる感じがしますw良い演出だなあ(^^)マニアック?

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその178「Avalanche」でした!真のゲームミュージック好きとはこういうことなのよね( *´艸`)フフ

 

 

マメ:海外のレトロゲーを一通り動画視聴したあとのこれ。

マメ2:今回からアーケードゲームのBGM選曲に入りました。