好きなゲームミュージックその200

「エナジー」(PCE)

1989年メサイヤより発売の横スクロールACTゲーム。

記念すべき第200回目に謎のマイナゲーの登場ですwまぁこの辺りこのブログらしさがあっていいんじゃないでしょうかね(^^)?さて本作「エナジー」ですが、これは元となる作品があって88年にクエイザーソフトから出たPCゲー「アッシュ(ASHE)」だそうです。「エナジー」はこのアレンジ移植版のようなんですが、調べてみるとあまり良い移植ではなかったようですね。動画視聴してる分にはそこまで酷い感じは受けなかったんですが、スクロール速度は多少ストレスかもしれませんwストーリー的には謎の魔物に襲われた仲間を救出し、奪われた東京に平和を取り戻すといったものなんですが、どうも「エナジー」の方は大分ストーリーをカットしてるようで、ラストの”つぼ”イベントがバッサリ逝っているようです( *´艸`)なので物語的に薄ぺらいんでしょうね。

因みに多少ネタバレになりますが”つぼ”とは、魔物が新宿にオッ立てた(生えた)”邪心のつぼ”のことで魔物の巣本体なんですが、エンディングで語られるエピソードが面白いです。なのでちょっと抜粋してみたいと思います。

(「邪心のつぼ」それを、いつ、誰が、何の目的で作ったのだろうか?それが、なぜ不思議な力を発生させたのだろうか?おそらくこの「つぼ」は、はるか昔に埋められ、地上に住む人々のうらみ、欲望、憎しみなどもろもろの邪心を吸収し続け、ついにそれらがあふれ出してしまった時、邪心が魔物にすがたを変え、人々をおそったのだろう。)

なんだこの2ちゃんの興亡を予言した文章はwwwこれ興る10年前やぞ!wジャケに書かれた”キケンがいっぱい!”もネタとしか思えんww

でもこうなってくるとこのゲーム、また変わった見方で遊べるかもしれませんね。例えばPCE版で仲間のメガネのみ助からなかった理由とか、ジャケ絵を見る限りメガネ以外はリア充っぽいんですよね、なんというかメガネだけ浮いてる感じというか鬱屈しているというか闇を抱えているというか、つまりこれはメガネがつぼと何かしらの接触をもっていたのではないか?その為にメガネはつぼと供に滅びる運命となったのではないか?などなど、真相は分かりませんが、考察の余地はまだまだありそうです。

さてそんな「エナジー」ですが、88年とは思えない原曲の方もいいですが、PCE版のアレンジも素晴らしいです!アレンジャーが誰かは分かりませんが、原曲の方はガブリンと播谷慶弘さんとクレジットされてます。それではBGMをどうぞ!

良いですよね(^^♪マイナゲーだとは思うけど、もっと評価されても良いレベルじゃないかと思います。プレイ動画が気になる方はこちら→エナジープレイ動画

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその200「エナジー」でした!さて150~200をまとめるとしますかっと。