好きなゲームミュージックその204

「虎への道」(PCE)

1990年ビクター音楽産業より発売のアクションゲーム。

元は87年にカプコンより稼働のACゲーで、89年には海外でも移植されて発売されているソフトのようです(Tiger Road)物語的にはジャケ中央の武術の達人リー・ウォンが、さらわれた子供たちを助けに向かうそんなお話ですが、アクションゲーとしてなかなか面白そうでした。でもこれAC版の移植だけど、容量の問題なのかだいぶ改変されているんですよね、なのでAC版の感じを求めているとちょっと「ん?」となるかもしれません。でも個人的にはこのPCエンジン版好きですけどね、因みにAC版の方が評価されてるような気がしますが、音楽面だと元作はカプコンサウンドでお馴染みの河本圭代さんや藤田晴美さんなんかが作曲しています。

それでPCエンジン版なんですが、調べたところ何故かWikiを始めとした作曲家紹介サイトにあまり出てないようなんですよね、こっちも良いのにこの差はなんなんでしょうか(^^)?さてPCエンジン版の曲の方ですが、エンディングクレジットから笠井治さん原田昌亮さんナカヤマシンジさん(漢字不明)の3人が関わっているようです。で驚いたんですが笠井さんと原田さんってイースⅢの編曲した人たちなんですねΣ(゚Д゚)(FC版もSFC版も)ここで引っかかったのも何かの縁かもしれません、というのもイースⅢというとPCE版のアレンジバージョンが人気だと思うんですが、実はFC版もSFC版も良いんですよね♪FC版を紹介した記事はこちら→好きなゲームミュージックその104

さてイースは置いておいて「虎への道」ですが、これ一聴するだけだとそうでもないかもしれませんが、2聴するとスルメのように味が染み出てきますw抑揚の効いた不思議に中毒性のあるロック・・・あれ?ハンマービート?どことなくCANすら想起してしまうのは私だけでしょうか(^^)?それでは今回も全曲良いので全リンを載せときます。→https://youtu.be/1qExjzLFdeQ

アーケード版のサントラは出てるようだけど、PCエンジン版のサントラは出てないのかな?くっ・・Huカードじゃなかったら。

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその204「虎への道」でした!もっと評価されても良い移植版と思います。