好きなゲームミュージックその205&206

「BE BALL(ビーボール)」(PCE)

1990年ハドソンより発売のアクションパズルゲーム。

全く知らないやつきたw謎の妖術師に乗っ取られた聖なる塔を奪還するという物語のゲームだそうですが、ジャケ絵に描かれたお団子頭の女の子リンリン・ランランを操作して、4色のボールを同色の床までぶち転がすという作品のようです。作曲はN・IDEさん。マイナゲーだと思うけどPCエンジン独特の音が気持ちいいですよ(^^♪

お次です。

「青いブリンク」(PCE)

1990年NHKビジュアルVOOK&ハドソンより発売のアクションゲーム。

これも全然知らなかったんだけど、手塚治虫が原案・監督をしたアニメ作品だそうで、89~90年に放送されてた作品のようです。このアニメを製作中に手塚さんが亡くなったそうで遺作になるようですね。ストーリーはこんな感じです。

ストーリー:謎の組織に誘拐された父親を助けるため、仲間たちと共に旅をすることになった少年カケル。弱虫だったカケルもブリンクや仲間たちとの交流を通じ、次第に困難に立ち向かう勇気を身につけていく。はたして彼は父を救い出すことができるのだろうか(Wiki参照)

ブリンクというのは宇宙からやってきた青い毛色の雷獣で、カケルを助けるもう一人の主人公だそうです。因みにこの作品の後番組は「ふしぎの海のナディア」のようだけど、この辺はなんとなく覚えてるかな(‘;’)さて肝心のPCエンジン版「青いブリンク」のBGMですが「サイキック5」や「ワンダーボーイ」シリーズでお馴染みの坂本慎一さんがクレジットされてます(ソウイチロウハラダさんも)アニメを見てないので元曲があるのかは不明ですが、心地いいサウンドだらけとなっております。なので全曲リンクをどうぞ→https://youtu.be/LWH-bEdlZe4

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその205&206「BE BALL(ビーボール)」&「青いブリンク」でした!青いブリンクは元となる作品があるらしく、ソ連製作のアニメ映画「せむしの仔馬」だそう。気になる方はそちらもチェックしてみては?