好きなゲームミュージックその222

「イースⅢ」(PCE)

1991年ハドソンより発売のアクションRPG。

好きなゲームミュージック初のダブり紹介ですwというのも以前ファミコン版のイースⅢで紹介してしまっているからなのですが、やはり、どうしてもこのPCエンジン版だけは外すことができないのです!というのも個人的にPCエンジンの中でもTOP3にはランクする好きなゲームミュージックだからなのですが、おそらく同じようなファンは多いんじゃないでしょうか?一度紹介してしまっているので改めて紹介し直すのもなんですが、簡単に本作のまとめをしてみたいと思います。

まず元作ですが89年に発売されたPC88版「WANDERERS FROM Ys」がこれに当たります。元々はPCゲーだったんですよね、タイトルに3が付いていないのが不思議なのですが、これはシリーズ1、2とは直接の関係がなく外伝的な扱いをされていたからのようです。物語的には赤毛の剣士アドル・クリスティンが冒険中に噂で聞いた、魔王ガルバランの謎に迫るといういわゆる冒険ファンタジー作品。この元作であるPC88版から様々なハードに移植されているのですが、以前紹介したFC版やSFC版PCE版の本作やメガドラなんかにも移植されているようです。個人的には3が印象的ですが一般的にも3が有名なんでしょうかね?FC版の記事はこちら→好きなゲームミュージックその104

さてお待たせしました。肝心のBGMへ参りましょうか、音楽を担当しているのはオリジナル版からFalcom Sound Team J.D.K.&石川三恵子さんとあります。そして大事なのは編曲に米光亮さんが加わっているところですね!原曲の魅力をフルに引き出したであろう圧倒的なハイテンションサウンドに仕上がっています。米光さんはイースシリーズ以外のゲームだと、ソーサリアンやドラスレなんかを始めとしてPCエンジン作品の編曲をけっこうやってるみたいですね。ちょっと調べてみたら女神転生Ⅰ・Ⅱのサントラアレンジも米光さんだったようです・・なるほど納得wそれでは当然の如く全曲良いのでリンクを貼っておきます。セリフともどもお楽しみください→https://youtu.be/9qrZ2TPOR6Q

まさかゲームでこんなサウンドが聴けるとは当時誰も思わなかったでしょうね、しかもPCE版はCD‐ROMなので普通にサントラとして聴けるというありがたみ!当然iPodには収録済みです。因みにPC版も聴いてみましたが、これはこれで味があって良いですね(^^)♪つい聴き入ってしまいました(画の雰囲気も良い)ドラクエだFFだ言ってた当時、ファルコムって独特な立ち位置(佇まい)が格好良かったんだよなーとふと思い出す今日この頃です。

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその222「イースⅢ」でした!本作のBGMが好きな人は前述の女神転生Ⅰ・Ⅱのアレンジバージョンもハマると思うので要チェックです!