好きなゲームミュージックその229

「コリューン(Coryoon)」

1991年ナグザットより発売の横スクロールSTG。

ナグザットといえば以前に紹介した「サマーカーニバル’92烈火」(FC)の販売会社で印象的でしたが、本作「コリューン」は意外なことにナグザット初のオリジナル作品になるようです。言われてみれば販売と開発を同時にしている作品って今までなかったかもしれませんね(烈火の開発はKID)正直今までタイトル名すら知りませんでしたけど、このコリューン、動画視聴してみたらなかなか面白そうでした。少人数(4人?)で短期間に作られた作品らしいのですが、その割にかなり良く出来た作品なんじゃないでしょうか?恐らくかなりマイナー作品だとは思いますが、未プレイの方はチェック価値ありだと思いますよ。

さてジャケのキャラがなんともカワイイ本作ですが、物語的にはこんな感じのようです↓

ストーリー:ドラゴンの子供「コリューン」が、謎の魔法使い「アダール」に魔法で子供にされてしまった「ミント姫」を大人に戻すために惑星レインボールに冒険に出るというストーリー。 レインボールでは、フルーツが「アダール」の魔法により敵へと変えられ「コリューン」の行く手の邪魔をする。 「ミント姫」の行く末は!? 「アダール」の正体とは・・・?(Wiki参照)

フルーツがやたら出るゲームだなと思ったら、フルーツが魔物にされてたんですね。敵を倒すと大小様々なフルーツがぼんぼこ出てくるんですが、個人的にその感じ嫌いじゃないですwなんだろうあのハクスラに通じる敵を倒したときの気持ちよさは、他にも似たようなゲームはあるとは思うけど、なかなかコリューンのあの感じを差し置く作品はそうないんじゃないかと思います。それと前回の「マジカルチェイス」でも取り上げましたが、本作も多重スクロール満載。なので多重スクロールマニア必見です!(多重スクロールマニア(。´・ω・)?)

で、肝心のBGMですがメインBGMだけでなくカットインやSE含めてどれも秀逸だと思います。ドラゴンの子供コリューンのボイスもカワイイですしねw(ぷよぷよチック?)BGMを担当しているのは松下寿志、森島大祐さんら2名。それでは今回はプレイ動画でどうぞ→コリューンプレイ動画

世界観が良くまとまっているのはやはり少数精鋭のなせる業なんでしょうかね?視てるだけじゃなく実際にプレイしてみたくなりました。でもこれどうやらプレ値の付いたレアゲーらしいですね、ちょっと調べてみたらヤフオクで3万円以上の値が付いていました(;’∀’)どのハードにも移植されていないみたいだし、プレイするのはなかなか難しそうです。

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその229「コリューン」でした!もちろんサントラは発売されてないようです。