好きなゲームミュージックその231

「スパイラルウェーブ」

1991年メディアリングより発売のシューティングゲーム。

全く知らないゲームです。動画もほとんど上がってないみたいなので、かなりマイナー作品なんじゃないかと思います。でもメディアリングって会社は前回紹介したパズルゲーム「スピンペア」の発売会社でもあるんですよね、作品本数少ない割にBGM紹介で短いスパンで2回ヒットしたってことは中々期待できる社なのかもしれません。そうBGMだけはね、だがてめえはダメだシューティング!なんだこのぺラい紙装甲の自機は!!一撃でゲームオーバー?あっという間にこの世からおさらばじゃないか!冒頭の和気あいあいとした仲間同士のお話は一体何だったんだ!?あの爺さんこの船体の事情知ってて送り出したってのか?おいおい完全にイッテやがるぜ!!!

・・・おっとつい興奮してしまいました、すみません。しかしどう見積もっても敵に勝てる気がしません。弾が見えません助けて下さい。まるでボールと赤いザクのガチ試合かの如くです。一体この戦いに意味があるのでしょうか?あるとは思えません。でも戦うんです。戦争の不条理さを感じます。でも戦うっていうんならもう止めません。ご自由に爆発どうぞ!

何のことやらさっぱりな方もいると思いますので、ここらで物語をお知らせしときたいと思います。Wikiもないので超貴重ですよ。

ストーリー:ジンルイはタイヨウのいじょうにちょくめんしていた。そして、そのいとぐちとなるウチュウからのコウシンをキャッチした。キーワードは”スパイラルウェーブ”そのカクシンがキュウメイされるときがきたのだ。

な、なるほど分からん!補足します。一企業の社員である主人公ロッカク・タダスケと自機である外洋母艦ホリーバレルをコンピュータ制御する疑似生命体ベルフリィが、お仕事でスパイラルウェーブ探査をすることになったんだが、というお話のようです。

は・・なんでこんなゲームの詳細を事細かに書いてるんだオレは?攻略動画すらまともに上がっていないこんなクソゲームだってのに、そうですねそろそろこの辺にしておきましょう。心が持ちそうにありません。なので肝心のBGMを紹介して終わりにしたいと思います。それではどうぞ。

作曲者は調べてみたんですが出てきませんね、こういうのは大抵どっかしらで分かるはずなんですが、一体このゲームどうなってんだw

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその231「スパイラルウェーブ」でした!BGMだけは良いのが救いです。

 

 

マメ:自機電池稼働の疑いあり。