好きなゲームミュージックその233

「トイレキッズ」(PCE)

1992年メディアリングより発売の縦スクロールSTG。

「スピンペア」「スパイラルウェーブ」に引き続き、またまたメディアリング発売作品です。前回書き忘れたけどBGMを担当しているのは、T’S MUSICというゲーム音楽を中心に制作している会社だそうで、多くの作曲家が在籍している社のようです。個人名でクレジットされないのがちょっとアレですが、かなりの腕利き作曲者がいるのは間違いないでしょう。

で、本作「トイレキッズ」ですが、これが完全なクソゲーです。まず自機がおまるです。そう、しながら出動です。ホントのクソゲーとはこういうものだと言わんばかりです。見た感じは汚い「ツインビー」といったところ、そんな本作の物語がこちら↓

ストーリー:主人公の大介はオムツが取れない3歳児。ある日トイレに行ったところ、子供のオムツ離れを阻む「ウンピ大王」によってトイレに引きずり込まれてしまう。大介はウンピ大王を倒してオムツから卒業すべく、友達の花子とともに戦いを挑む。

どうあがいてもクソゲーです、ステージ上が糞尿で埋め尽くされています。汚物を汚物で消毒していくかつてない大戦争、あなたはそんなもの見たことがありますか?いいえ見ないが正解です。それではBGMのみお楽しみください。トイレキッズサントラ→https://youtu.be/bSkEAST8B-0

幼稚園~小学生低学年におススメのゲームです。これさえあれば一日中爆笑しながら楽しめるでしょう。それではどうもでした。

 

以上好きなゲームミュージックその233「トイレキッズ」でした!あなたは前向きで座る派?それとも後ろ向きで座る派?とりあえず拭ければいいと思います。