好きなゲームミュージックその238

「闇の血族-遥かなる記憶」(PCE)

1993年ナグザットより発売のミステリーADVゲーム。

恐らくマイナーゲーム、元々は90年にシステムサコムという会社がPCゲーとして出した、2作完結の作品なのですが、これ全く知りませんでした。PCゲーのADVってそれなりに視てきたつもりだったんですが、まだまだ知らない作品がありそうですね。さてそんなPCゲーの移植作「闇の血族」ですが、PCE版ではこれ一作に完結編までが含まれています。正直内容が面白かったのかと言われれば、うーんとなりますがwこれ音楽が良いので惹きつけられますよ。

もちろんPCゲー好きな人には分かる、あの独特な画面の雰囲気にも惹きつけられたのですが、やはりこの作品はBGMの効力が大きいでしょう。音楽を担当しているのは、斎藤学さんという方らしいのですが、この回で初めて登場する作曲家の方だと思います。個人的にもこの作品で初めて知った方なのですが、なんだかもの凄い方のようですね。残念ながら20代前半という早さで亡くなられているのですが、その間に作られた曲数が2000曲近くあるそうです!手がけた作品欄を見た所どれも知らない作品(PCゲー)ばかりでしたが、これは他の作品も気になりますね。

 

と、ゲーム内容を挟むのを忘れていたのでここらで簡単な内容でも書いておきましょう。

ストーリー:アパレルデザイナーの伊澤魅由の周りで次々と起こる謎の変死事件。彼女はその謎に首を突っ込むことになるが、なんやかやあって中南米はメキシコのテオティワカンへと旅立つこととなる。果たして事件の真相と神々の都市と呼ばれるテオティワカンとの関係とは!?

今回はBGMのみの動画が無かったのでこちらをどうぞ↓先が気になったら動画の続きもどうぞ。

PC版の曲も聴いてみたのですが、元曲が既に良かったです♪因みにキャラクターデザインの、いのまたむつみさんってテイルズシリーズの画を担当している人だったんですね、まさかこんなところで仕事していたとは思いもしませんでした。

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその238「闇の血族-遥かなる記憶」でした!斎藤さんの曲は個人的に1から聴いてみようと思います。