好きなゲームミュージックその239

「THE ATLAS ルネッサンス ボイジャー」(PCE)

1994年アートディンクより発売のシミュレーションゲーム。

あっという間に94年入りました。PCエンジンの旅ももう後半戦ですが、94年初選曲はこちらの大航海時代を舞台とした歴史SLG「THE ATLAS」です。このゲーム全く知らなかった作品なんですが、見た感じ光栄から出た「大航海時代」みたいなゲームに見えますね。発売年的にも近いですし何かしらの影響を受けているのかもしれません。光栄の「大航海時代」(PC)は90年発売で、本作「ジ・アトラス」の元作であるPCゲーは91年発売です。PCE版はこの移植作なんですが、95年にスーファミでも発売されてるそうなので、そんなにマイナーゲーではないんでしょうかね?

ゲームの内容的には世界の情報を集めて世界地図を作るって感じらしいんですが、プレイヤーが冒険するわけじゃなくて雇った冒険家の持ち帰った情報を基に地図を作成するんだとか、そこは自分で行かせてくれと個人的に思うんですがどうなんでしょうね、これ面白いんでしょうか(^^)?でもシステム結構面白そうなんですよね、持ち帰った情報を信じるか信じないかで地図が全く違ったものになるとか、プレイヤーの判断次第で世界が本来とは全く異なるものになってゆくみたいです。責任重大ですねw信じたものだけが”世界の真実となっていく”うーん面白いかもしれません。ちょっと哲学的です。

さてそんな本作「THE ATLAS 」ですが、BGMが素晴らしいです。「大航海時代」も良いけど、こっちも良いんです!なので全曲リンクをどうぞ→https://youtu.be/RVdLs-BMDGo

作曲は山田耕次さん。A列車で行こうⅢとⅣの曲なんかも同氏の作品だそうです。因みに動画で上がってるPC版の方も聴いてみましたが、そっちも良かったですよ。残念ながらサントラはなさそうなので、CDとして聴くしか無そうです。

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその239「THE ATLAS ルネッサンス ボイジャー」でした!2もBGM良いので気になる方はそっちもおススメです。