好きなゲームミュージックその251

「バツグン(BATSUGUN)」(AC)

1993年タイトーより稼働の縦スクロール型STG。

開発は硬派なシューティングゲー(究極タイガーや飛翔鮫など)でお馴染みの東亜プランなんですが、この作品をもって同社のSTG制作が幕を閉じたそうです。この翌年に倒産してるんですね、ただ倒産後に東亜のメンバーが集まって弾幕シューティングでお馴染みのケイブが設立されます。同じメンバーということもあって「怒首領蜂(どどんぱち)」なんか確かに言われてみるとバツグンに似てますね、なんていうか個人的にあの初期の硬派な感じが苦手だったんだけど、本作はちょっと垢ぬけた感じがしてとっつきやすい感じがします。それはBGMにも言えることなんだけど、今までの東亜プランにない曲調なんだよね、で、調べてみると作曲の坂井義達さんは東亜の後期作品を担当していた人のようで(バツグンのみ?)それ以降はあまり活動していないみたいです。

旧来の東亜ファンはどう思ったのか分からないけど、個人的にはもっと氏の曲調で他の作品を聴いてみたかったですね、本作自体も「怒首領蜂」に比べるとかなりマイナーだろうから知らない人も多いだろうし、なんかもったいない感じがします。さてそれではそろそろ肝心のBGMへ参りましょう。バツグンのサントラリンクです→https://youtu.be/AsdgxZYIuTA

因みに96年にはサターン版に移植もされていて、やはりというか何というかサントラとして普通にCDとして聴けるようです(^^)/(アレンジ版も聴ける)ただサターンのSTG作品あるあるの通り、プレミア化していてなんか高いです。ヤフオクでも1万はするようです。BGMだけ聴きたい人はサントラ買った方が安いかも。

ということで以上、好きなゲームミュージックその251「バツグン(BATSUGUN)」でした!ゲームとしても面白そうだったのでいずれやってみたいいずれ・・