好きなゲームミュージックその258

「A-JAX」(AC)

1987年コナミより稼働の縦型シューティングゲーム。

コナミのシューティングというと「グラディウス」や「ツインビー」が印象的ですが、この「A-JAX」は基本がヘリゲーです。なんでもあのタイトーのヘリゲー「究極タイガー」に触発されて作られた作品だそうですが、確かにプレイ動画を見る限りタイガーしてる感じは否めません。ただこのゲーム単にタイガーの焼き増しではなく、面によって2Dから3Dシューティング(3Dはジェット戦闘機)になったりと、初見は驚くこと受けあいの意外性があったりします。アクション的にもヘリゲーのイメージと違い動作が早いので、ストレスなく敵を一掃できたりと爽快感もあるし、早い時期に他のハードに移植されてたらもっと知名度があったんじゃないかと思うほどです。さすがにファミコンでは無理だと思いますが、スーファミぐらいだたらなんとかなったんじゃないでしょうかね?因みに2015年にPS4のアーケードアーカイブスで配信されてるみたいなので、今ならやろうと思えばプレイ出来るようですよ。

さて肝心のBGMですが、これがまたヘリとは思えないほどの爽快感あるサウンドとなっております。個人的に一聴してグラディウスっぽいかな?と思ったんですが、どうも作曲の方が「グラディウス」シリーズの一部や「沙羅曼蛇」なんかにも関わっているようです。曲担当はエンディングクレジットよりY・UNOさんとM・FURUKAWAさんの2名、後者の方は古川 元亮さんだそうです。それでは今回はプレイ動画でどうぞ!

A-JAXプレイ動画

87年のファミコンだと「ヘクター’87」「ファンタジーゾーン」「沙羅曼蛇」などのSTGが発売されてるけど、それらに比べても「A-JAX」結構頑張ってる感じがしますね、マイナーなのがもったいないです。

 

ということで以上、好きなゲームミュージックその258「A-JAX」でした!サントラはいくつか出てるみたいですがどれも廃盤のようです。