好きなゲームミュージックその268

「マスターオブウェポン(Master Of Weapon)」(AC)

1989年タイトーより稼働の縦スクロールSTG。

「ダライアスⅡ」と同年に稼働しているシューティングゲーですが、恐らくダライアスの知名度に比べて全く知られていない作品だと思われます。自分はこの作品PSの「スペースインベーダー2000」のCD再生で知って、最近までゲームの内容自体は知りませんでしたが、簡単に言うとゼビウスタイプの対地対空ショットに、ゲージを貯めて使うオプションウェポンがあるオーソドックスなSTGといった感じです。気になるストーリーなんですがこれ調べても詳しいことが出てきませんね、WIKIにも書かれてませんでした。雰囲気的には核戦争後の話だと思うんですが、とりあえずオープニングで少し語られている言葉を上げておきたいと思います。

(SEVEN‐DAY NUCLEAR STORM BRINGS ON A BIG CHANGE ON THE EARTH.)

(THE EARTH CRACKS, THE SEA BOILS, AND THE LIVING THINGS CHANGE.)

(AND HUMAN IS NO EXCEPTION.)

(SEPTEMBER 11, 199X.)

(THE BOY IS FIGHTING. HE CONTINUES TO LIVE.)

世紀末に起きた核爆発後の世界に生きるユキヲ(主人公)の物語のようです。AKIRAのような世界観なんですかね?どうも話によるとクトゥルーが関係してくるらしいのですが・・

 

これ以上追うのはサン値だだ滑りなので肝心のBGMに参りましょう。それではサントラをどうぞ→https://youtu.be/V4XMS8J0VF8

一面のBGMがもの凄く印象的ですが、どの曲も普通にない面白い曲ばかりです。ボス戦で急に音数が少なくなる演出なんかゾワっとしますね。ミュージックコンポーズ&アレンジはエンディングクレジットよりHISAYOSHI・OGURA YACK・WATANABEのお二人。でもWIKIによると実際作曲した方は外注のピンチパンチさんという方らしいです。途中あたりでちょっと同社の「プリルラ」っぽい曲調だなあと思ったけど、あれはアレンジの渡辺さんの影響なんでしょうかね?

 

ということで以上、好きなゲームミュージックその268「マスターオブウェポン」でした!タイトーの音楽を語る際には外注の作曲家も要チェックです。