好きなゲームミュージックその284

「アクアジャック」(AC)

1990年タイトーより稼働のシューティングゲーム。

調べてもあまり情報が出てこないかなりマイナーなゲームです。Wikiもないみたいだしゲームの動画を見ても詳しいストーリーが分からないのですが、見た感じなんか悪いやつらが悪いことをして街がやべえらしくそれで川上ってそいつら倒そうぜみたいな、俺らのこの武装用ホバークラフト最高だから絶対負けないかんね、みたいな内容だと感じました。なぜ戦車でもなく戦闘機でもなくホバークラフトなのかは皆目見当もつきませんが、よくよく考えてみるとそんなこと知ってどうするの?そんなことを知ったことで人生にどう影響してくるの?と、そのような結論に至りましたのでこれ以上のホバ論の追及を断念することに致しました。それでこのゲームなのですが簡単に言ってしまえばスペースハリアーとかアフターバーナーみたいな、と言ってはあれなので同社の作品で言うと「ナイトストライカー」みたいな作品となっております。ホバーなので空は飛べませんがジャンプできたりします。ホバーには明るくないのでホバーが原則としてジャンプできるものなのかそれは分かりかねますが、恐らくできるのでしょう。アメ車ですらあれだけの大層なバウンドを可能としているのですから、これから敵基地に乗り込むやつらがそんなことくらいできないとは到底思えません。

さてそんな本作「アクアジャック」ですが、面クリ後の一枚絵がとても特徴的で、面クリするごとに次の一枚目はどんなものだろう?と思わず期待してしまうほどの画力となっております。この一枚でいくらでもボケてできるんじゃないかなどと思うのですが、気になる方は一見に如かずということでご自分でお確かめください。それでそんなことはどうでもいいのですが、肝心のBGMです。この作品マイナーゲーですがBGMがすこぶるいいんです!これ一聴してあれ?もしかしてナイストのあの方が!?と思うレベルなのですが、残念ながらエンディングクレジットに作曲者が出てこないので詳細は分かりません。でもどうも外注らしくてそれをズンタタが監修したということのようです。それではそんな中から一曲どうぞ。

曲数はそこまで多くないですが、こういうノリノリの曲がほとんどでどれも格好いいです。ただゲームがホバークラフトだからなのか曲のリズムとゲームの動きがややあってない気がします。個人的にはこのホバーがスぺハリぐらいのスピードだったら爽快だったろうになと思うのですが、そしてそういう理由があってなのかこの作品はどこにも移植されずじまいで終ったようです。なのでほとんどの人は全く知らないゲームなんでしょうね、でも何故かサントラは一応出ているようです。

ということで以上、好きなゲームミュージックその284「アクアジャック」でした!あの一枚絵でボケたいなあ。