好きなゲームミュージックその285

「ガンフロンティア」(AC)

1990年タイトーより稼働の縦スクロールSTG。

さて平成も終わりますが今回ご紹介するゲームはこちら!ガンフロンティアです。こっちは平成が終わり令和とかいうのが始まる2019年現在ですが、こちらのゲームは舞台が2120年宇宙開拓時代を迎えた人類のお話となっております。で、例のごとく宇宙賊ワイルドリザードとかいう悪いやつらがやってきて人類がめちゃめちゃやられますもうほんとにめちゃめちゃです。そんな中2機の戦闘機がやってくるのですがそれが俺らだ!俺らがそのワイルドリザードとかいう野性味あふれる?ワイルド坊やたちにお仕置きをしにいくというゲームですおそらく。

シューティングゲーム好きしか知らない作品だとは思いますが、結構評価は良いそうでこのゲームに影響されて作られたSTGなんかもあるくらいだそうです。スクロールが遅めだったり若干渋めのSTGだと思うんですが、敵機の動きは速く後半に進むとやや弾幕ゲーのようになってきて90年代初頭にしては演出面も面白いし実際にプレイしてみたくなる魅力があると思います。同社の名作STG「レイフォース」が94年に発売されるのを考えてもここは無視できないところでしょう。

さて本題のBGMです。ゲーム同様どちらかというと渋めのBGMだと思うんですがこれが中々良いんですよね、ゲームにうまくマッチしているんです。なんでも実際にゲームを見てから作曲したということらしいのですが(逆にゲームを見ないで作曲するのってどうなの)低速飛行にもかかわらず気持ちよく空を飛んでいられます。個人的にこういう遅めのスクロールでいい曲ってあまり思いつかないので貴重かもしれませんね、それではBGMをどうぞ。

作曲は福森秀敏さんという方が担当してるそうで、乃木坂46「裸足でSummer」の作曲者でもあるということらしいのでついでに聴いてみたのですが、なるほどこれは歌なしでSTGの一面あたりで掴めそうな曲ですねとなりました。意外と片鱗が見えて面白いので気になる方はそちらもどうぞ→https://youtu.be/cUQQN7POquU

ということで以上、好きなゲームミュージックその285「ガンフロンティア」でした!ゲームはセガサターンに移植もされていてサントラもちゃんと出ているようです。それでは次は令和でお会いしましょう。