好きなゲームミュージックその287

「プリルラ」(AC)

1991年タイトーより稼働の横スクロールアクションゲーム。

まさか2020年に入ってまたプリルラ紹介することになるとは思わないわけですけどもね、このゲームはだいぶ昔に一回紹介してるんですよね(過去の記事を探して思い出したわけなんですけどもね)まあそんなこんなでもう一回やっていこうもう一回止まった時間を取り戻そう(ブログ放置時間)そういうことなんでしょうかね、ゲーム的にもそういうことだと思いますが(?)

ということで本題のプリルラさっそく参りましょう。

ストーリー:不思議な国ラディッシュランド。それぞれの街で時計じかけのネジを番人が守り、時間の流れが保たれていた。しかし、そのネジを奪い、時間を狂わせる悪いやつが現われた。危険を感じた発明家のおじいさんは街の少年・ザックと孫娘・メルの二人を呼んだ。そして、自分達の街を守るために発明した魔法の杖を託した(Wiki参照)

ミヒャエル・エンデの「モモ」に通じるようなそういうメッセージ性の強い作品なのかどうかはわかりませんが、少年少女が時間の流れを保つネジを奪い返しに魔法で立ち向かうというお話のようです。このゲーム2人同時プレイができるのですが、まあ一人でする時はみんな孫娘のメルを選ぶんでしょうかね、こういうのはやはり少女の方がしっくりくる感じがします。前回このゲームを紹介した時はちょうど魔法少女まどか☆マギカが放送してた時代らしい(らしい)のですが、昔から魔法を使うのは女性、というか女の子というのがお決まりのようです。魔法少年ってのはあまり聴き馴染みがないですね、少年は魔法に頼る必要がないということなんでしょうか。

ちなみにこのゲームはプレステやサターンにも移植されてるのですが、移植レベルはあまり良くないらしいです。しかも何故かプレ値がついてるので手に取りずらい、CDDAなのでCDとして聴けるのはいいんですけどねえ。まあそんなこんなでですよ、本題の本題BGMの方へ参りましょう。このゲーム、当時としては珍しいまどかマギカ並みにだいぶアバンギャルドな作品なのですが(2Dのかわいらしいキャラデザに合わない気色の悪いキャラや急に3Dの人登場など)それに負けず曲もだいぶすごいんですそれではだいぶすごい曲を今回はゲームもだいぶすごいので合わせてそちらもどうぞ→https://youtu.be/1k4tIsM-Dvg

だいぶすごいでしょ?このだいぶすごいのはどういうことかというと前回紹介した「ミズバク大冒険」の作曲者、海野さんが担当しているからなんです!この胸のこの辺をこうざわつかせてくるこの郷愁?郷愁なのかこれは!?このなにこの胸がグワーッとなる感じは!!メルヘンなんですメンタルが!(?)このゲーム当時やったことないしなんなら今現在もやったことないんですけどなんですかこの懐かしい感じさせるやつは、、、なるほどこれが魔法というやつなんですね。

ということで以上、好きなゲームミュージックその287「プリルラ」でした!久しぶりにブログを更新し時のネジを回すことができた30号、果たしてネジを奪った悪者とは誰だったのか、皆さんもネジは大事に保管しときましょうね。