好きなゲームミュージックその2

「ロマンシング サ・ガ2」(SFC)

好きなゲームミュージック第二弾は前回の「聖剣伝説2」に引き続き、93年発売のRPG作品ロマサガ2です。自由度がかなり高いロマサガシリーズの続編ですが、2では皇位継承システムが新たに加わり特定の主人公もなくかなりフリーな作品になっています。最終皇帝になるまでにクリアしなければならないとはいえ、いわゆるゲームオーバーがない作品。フリー過ぎてゲーム初心者は何をしていいやらまごつくこと請け合いです^^おまけにこのシリーズ普通に難しいですからね、恐らく途中で辞めてしまった人も多いのではないでしょうか?でも後半戦になると凄いBGMに出会えます。

ロマサガといえばやはり戦闘曲!個人的には1の方が印象的だったけど、基本的にシリーズ通してどれも名曲です!通常戦闘でこれだけいい曲が揃ってるのはサガシリーズくらいなんじゃないかな?因みに2はやはり七英雄のBGMが人気あるようです。

で、ちょっとWikiを覗いて見たんですけど、これ漫画にもなってるみたいですね。シナリオを改めて読んで面白そうだったのでこれはいずれ読んでみようかなと思います。

物語はこんな感じ→人々の間で語られる「七英雄の伝説」。数多くのモンスターを駆逐した後に姿を消した、7人の英雄。彼らはいつの日か再び現れ、世界を救うという。そんな伝説も、乱世においては救いを求める人々の間で盛んに語られたが、平穏な時代になると忘れ去られていった。しかしやがて、世界には数多くのモンスターが現れ、強大な力に苦しめられた人々は再び七英雄の伝説を語るようになる。そして、ついに伝説のとおりに七英雄が再び戻ってきたのである。この乱世の中にある小国「バレンヌ帝国」では、全盛期だった頃の広大な領土回復のために、周囲のモンスターを駆逐していた。そんなある日、正体不明の魔道士が帝国を訪ね、七英雄の存在に警戒するよう忠告をしてきた。なぜならば、七英雄たちは世界を救うという大義からかけ離れた凶悪な振る舞いをみせていたからだった。魔道士は、七英雄に対抗するための力として、自らが認めた跡継ぎにその能力を受け継がせる能力「伝承法」を皇帝に与えた。こうして、領土拡大と世界の平穏を目的としたバレンヌ帝国は伝承法の力で代々の皇帝に戦う力を受け継がせながら、長大な戦いに突入していくことになるのであった。(Wikiより)

ということで、好きなゲームミュージック第二弾は「ロマンシング サ・ガ2」でした!シリーズ通して絵も凄いです。