好きなゲームミュージックその22

「スターラスター」(FC)

1985年ナムコより発売のシューティングゲーム。
これはBGMというか、トータル的に雰囲気が好きなゲームです。宇宙船が凄い勢いで発進するシュゴーーという音や、後ろで宇宙的なイメージを彷彿させる(HAL的な)機械音・・ファミコンなのにマジで宇宙へ行けちゃう(トリップできちゃう!)最高の雰囲気ゲー!?だと思います。

ストーリー:バッツーラと呼称される敵対勢力が人類の版図に侵入している。彼らは宇宙の中で、もう一度ビッグバンを発生させ宇宙の破壊(具体的には、自己に合わせた宇宙の改変)を目論んでいるため、それらを阻止する。(wiki参照)

物語的にはこんな感じのようです。スター〇ォーズ的な感じでしょうかね?しかしこのゲームかなりとっつきにくい(分かりずらい!)ゲームシステムだったようで、当時あんまり売れなかったようです。説明書にも詳しく書かれてないらしいし・・これは小学生くらいだとちんぷんかんぷんでしょうね^^;まぁ今となってはその渋い感じが良いんですが。


苦手な人には全く受けつけられないんだろうなあ(^-^)
でもこのゲームPCやPSなどを初めとして、色んな機種でリニューアル移植されてるようです。2015年には”Wii U”のバーチャルコンソールでも配信もされたようですし、それなりにファンはいそうですね。

ということで以上。好きなゲームミュージックその22「スターラスター」でした!

 

 

マメ:漫画「ぼくの地球を守って」はこのゲームから着想を得たらしい。