好きなゲームミュージックその3

「伝説のオウガバトル」(SFC)

好きなゲームミュージック第三弾は、前回に引き続き93年発売のスーパーファミコン名作ソフト「伝説のオウガバトル」です。

ジャンルはリアルタイムシミュレーションRPG。どちらかと言えばマニアックというか、コアなファンがいそうな作品ですが、Wikiを見たら元々そういうユーザーを狙って作られた作品のようですね。世界観を踏襲した続編の「タクティクスオウガ」なんかもそうですが、結構硬派な渋めのシナリオだと思います。

ストーリー:賢者と呼ばれた魔法使いラシュディは、狂気にかられたのかかつての友であったグラン・ゼノビア王を暗殺、北方の軍事大国ハイランドを率いて4つの王国へ向けて戦争を始めた。強大な軍事力を持つハイランド軍はわずか一年で大陸全土を制圧し、神聖ゼテギネア帝国が誕生。その支配はまさに恐怖政治そのものであった。帝国暦24年。シャロームの辺境ではゼノビア王国騎士団の生き残りが一人の若き指導者を連れ最後の戦いを挑もうとしていた…。(Wikiより)

当時リアルタイムでやっていた作品ですが、かなり難しいゲームだった印象があります^^;なのであまり進んだ覚えがないんですが、しばらくするとまたやりたくなって何度もプレイしていたような気が・・BGMがこれまた盛り上げてくれるんですよね。


個人的にフィールド上のマーチが好きなんですが、今聴いてもめちゃめちゃ盛り上がります。この大陸を解放してる感!勇ましい凱旋は”いけいけマーチ”で頂点に達します。聴いてたら何だかまたやりたくなってきたなあw

ということで、好きなゲームミュージック第三弾は「伝説のオウガバトル」でした!次はちょっと年を変えてみることにしようかな。