好きなゲームミュージックその42

「DAIVA(ディーヴァ)」(FC)

1986年東芝EMIより発売のアクティブシミュレーションウォーゲーム。

えっとねえこれはやったことな・・・いやあるわこれwwwなんでこれやったんだろww横スクロールのアクションのとこは全然覚えてないけど、あの宇宙移動するとこ覚えてるわ。BGMが凄い印象的なんだよwはい。で、いつものごとく調べてみたら、作曲があの朝倉大介という30年ぶりの情報更新ですどうもありがとうございます。知らない人の為に一応書いておくと朝倉大介といえば、accessっていうユニットのキーボード担当なんだけどね、コムテツみたいなねこうバリバリシンセ弾いちゃう感じの未来感じちゃう系の作曲者兼キーボーディストなわけです。それがまさかゲームミュージック作っていたとは知らなかったねえ。

そんな未来の売れっ子音楽プロデューサーが携わっていたという「DAIVA」ですが、正式なタイトルは”STORY6 ナーサティアの玉座/IMPERIAL OF NIRSARTIA”というもの。ストーリーがいきなり6というたいへんファミコンユーザー泣かせの作品なんですが、それ以前のストーリーはPCゲーム用として出ているようです。でもその当時PC持ってる人なんてそういないよね^^;多くの人がストーリー6に始まり6に終わったんじゃないでしょうか?というかそもそもこのゲーム有名なの?全く分かりませんwそうそう簡単なゲーム内容ですが、惑星間戦略ゲームでアクションありシミュレーションありな、当時としては結構フレキシブルなファミコンソフトです。細かく書くと終わりそうにないのでこの辺で本題のBGMをどうぞ。


宇宙移動してるとこのBGM(5分開始)凄くねwwこの印象が強すぎる(^^)
因みにDAIVA(ディーバ)とはヒンドゥー教で神って意味らしいんだけど、BGMもインド的な怪しさがあって不思議な感じがします。今聴いても全然古く感じないんだよね。

ということで以上。好きなゲームミュージックその42「DAIVA」でした!
たぶんマニアックなんだろうなこれ^^