好きなゲームミュージックその63

「妖怪道中記」(FC)

1988年ナムコより発売のアクションゲーム。

正直ファミコン版はやったことがない30号ですが、同年に出ているPCエンジン版の方はよくプレイしていました。元々は1987年のアーケード版がオリジナルなんですが、まぁ多少の違いはあれ移植作もそんなに悪い感じはしませんです。でも個人的にBGMはPCエンジン版がいいかな^^内容なんですが、当時はROMのみしか持ってなかったので、最近調べるまで知りませんでした。こんな感じらしいですよ↓

ストーリー:いつも村の人に悪さばかりしている少年たろすけは、神様にお灸をすえられ、眠っている内に地獄の入り口まで運ばれ、閻魔様の裁きを受けるべく生きながらにして地獄巡りをすることになってしまった。(Wiki参照)

主人公は悪ガキだったようです。エロガキでもあるんですけどねwそういえばPCエンジン版は竜宮城でムフフなシーンが見れたと思うんですが、FC版はカットされてるみたいですね。いやアーケード版にも元々無かったのか・・なんでPCエンジン版で冒険したんだろwwまぁそれはともかく肝心のBGMにいきたいと思います。

FC版も悪くはないですよね。まぁPCエンジン版にはかないませんが(かたくな)それはそうとだいぶ前に”SAKEROCK”がアレンジして出してましたよね。”千のナイフと妖怪道中記”あれも良かったな↓

ということで以上。

好きなゲームミュージックその63「妖怪道中記」でした!このゲームやった人ってどのハードでプレイした人が多いんだろう?PCエンジンのイメージしかない30号でした。