好きなゲームミュージックその64

「スーパーブラックオニキス」(FC)

1988年BPSより発売の3DダンジョンRPGソフト。

元はPCソフト「ザ・ブラックオニキス」で、そのリメイクファミコン版がこちら。国産では初の3DダンジョンRPG作品だそうです。一部では有名らしいのですが、全くやったことないし今まで知りもしませんでしたwでもこのゲーム面白いのかはともかくBGMのセンスが秀逸です。国産ゲーだけど全体的に洋ゲー的ムード漂う作品。まずは内容からいきましょう。

ストーリー:古くからの伝説によれば、永遠の命と莫大な富をもたらす宝石・ブラックオニキスが呪われた街ウツロのはずれのブラックタワーにあるのだという。この宝石を求めて、多くの冒険者達が地下迷宮へと消えて行った。(PC版)(Wiki参照)

あまり詳しくないので早速BGMの方へいきましょう。いいぜコレ!

初っ端からティム・フォリンばりの名曲ですwで、驚くのはこのゲーム曲数も結構あるんですが、全部良くてホント捨て曲がないんですよ。いやホントアルバム売ってたら欲しいレベルですねこれは。

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその64「スーパーブラックオニキス」でした!国産ゲーだけど作者は外人なのねw

 

 

マメ:作者のヘンク・ブラウアー・ロジャース氏はインドネシア系オランダ人で、あのテトリスの製作者と共にザ・テトリス・カンパニーを設立。テトリスで4列一気に消す技名を”テトリス”と命名したのも彼らしい。