好きなゲームミュージックその65

「レインボーアイランド」(FC)

1988年タイトーより発売のアクションゲーム。

元は前年に出ているアーケード版で、こちらはそのファミコン移植版です。人気作品なのかファミコン以外にもPCエンジンやメガドラなどでも発売されているようです。因みに箱に書かれている副題「THE STORY OF BUBBLE BOBBLE 2」は、同じくタイトーより発売の「バブルボブル」の続編という意味です。4年前に書いた「バブルボブル」の記事はこちら→バブルボブルの回

バブルボブルは泡で敵を倒すのに対して、レインボーアイランドは虹をかけて敵を倒します。前作もそうだけど何ともファンタジー感あふれる作品ですね^^今考えてもホントあの頃のタイトー作品は魔法がかってたと思います。肝心のBGMですが、AC版に比べるとFC版はかなりスッカスカな面が否めません。でも個人的にはこれも嫌いではないです。当時このソフトをプレイしたくなった何%かは、BGM聴きたさあっての事だったんじゃないかな。

メインBGMはあの映画「オズの魔法使」劇中歌の「虹の彼方に(Over The Rainbow)」言われてみるとあーなるほどってなりますね。サームウェーイオーバーザレインボーっ♪ピコピコサウンドになっても魔法は消えないようです。

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその65「レインボーアイランド」でした!続編の「パラソルスター」や「バブルシンフォニー」なんかもBGMグッド!