実況動画考察3

実況動画考察3です。

今回で考察も終わりにしたいと思います。まぁ考察というほどのものではなかったけども(汗)最後は実況者と出会って思ったことや感じたことを記したいと思います。

まず、実況動画が面白いなと思うのは、実況者が素人だからではないでしょうか?ゲームセンターDXの様に、芸能人が実況しても面白いことは面白いんですけど、決まりきった形にどうしてもなってしまいます。

時間に制約もあるし、発言の自由性も限られてくる。ところが、素人の実況動画では、アップした主しだいでいくらでもまったり出来るし、公共放送に比べゆるいのでリアルな言葉を聞くことが出来ます。中には放送禁止用語が飛び交う動画も多々(汗)卑猥な言葉を連呼するのはどうかと思いますが、ここで面白いのはコメントで主に自重するように促がす視聴者たちの存在でしょう。

その姿はばか殿に仕える家来そのもの(笑)しかしこの家来たちがいるおかげで、上手い事動画が回ります。つまり、実況動画はコメント自体もその一部なのであって、面白くなるかならないかはコメ次第といっても過言ではないでしょう。素人のやり取りはイレギュラー感があります。何が起こるか分からない。いきなりネタばれするコメが出たり、荒らし屋が出たり、コメ同士でケンカが始まったりします。

あるいは、アップした主が突然ある日を境に蒸発したりする事でさえあります。けれどそのイレギュラー感がなかなか楽しいものです。テレビでは味わえないでしょうこの感じは。

最後に、実況者について感じたことを記します。どんなゲームにしろ動画を視聴すれば、何十分かは実況者と共に時間を過ごすことになります。RPGならなおさらですね。映画だったら二時間程度で終わりますが、普通のRPGだと最低でも40時間前後は掛かります。

ということは長い事、実況者と物語を共有しながら進むわけです。さながら戦友といったところでしょうか?物語が終盤に差し掛かるにつれ、なんだか寂しくさえ思えてきます。実況者とは基本的にそのゲームが終わるまでが付き合いですからね、他にアップしている動画があるか、あるいはブログをやっているかすれば別ですが、どちらもなければそれでお別れです。

RPGの動画を視聴した人なら、恐らく心にぽっかり空いた穴感は経験しているのでは?今続けている人も、いつ引退するか分かりません。みんな普通の素人だしそれぞれの生活ってものがあります。前に引退することをブログ内で発言しているのを見たことがありますが、やはりそれまで付き合ってきた人たちの声はどれも寂しそうでしたね。いくつもの作品を視聴してきた人ならなおさらでしょう。しかし、裏を返せばだからこそ面白いとも言えます。

ある種の緊張感でしょうか。いずれ別れる戦友となるべく楽しもう!はかせ30号は最近そう思って動画を視聴しています。まだ実況動画を未視聴の方は一度試しに何か見たいゲーム(出来ればRPGがお勧め)を探して視聴してみて下さい。一人でゲームするのとはまた違った感覚を味わえますよ。

それではこれで実況動画考察を終わりに致します。
ではでは!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA