岡崎に捧ぐ

岡崎に捧ぐ

「岡崎に捧ぐ」(山本さほ)

”ビッグコミックスペリオール”掲載中作品。

何やらこの作品が一部でちらほら取り上げられたり、面白いらしいとの情報を得ていたので気になっていたんですが、最近ようやく読むことが出来ました。率直な感想ですが買ってよかったです!面白い!

この作品は作者の山本さんが90年代の思い出を漫画にしたものなのですが、例えばスーファミ(マリオペイント、FF4、マザー2、聖剣伝説2などなど)や、”たまごっち””ぎゃおっぴー”それから”少年ジャンプ”や”魔法騎士レイアース”など、およそ90年代を謳歌した者たちなら知ってるであろう作品が多数登場してきます。

個人的には聖剣伝説2のBGMに言及しているらしいということで、気になっていたのですが、作品中で聖剣2のBGMに触れる作品って中々ないんじゃないでしょうか?しかも女子だからね!ゲームなんてあの頃は男しかやらないものだと思ってたなーでも聖剣2はホント名曲揃いですよね。

さてそんなかなりのゲーマーでもある山本さんの感じた90年代の思い出物語ですが、気になるのはまずタイトルの岡崎です。一体誰のことなのでしょうか?その辺を序盤紹介でしてみたいと思います。それではいってみよう!

岡崎に捧ぐ(2)

小4で岩手から横浜に引っ越してきた山本さん。

すぐに周りの友達と打ち解けることが出来たのですが、クラスメイトの中で仲良くなれそうにない人がいます・・ハイそれが岡崎さんなのでした。

クラスで仲良くなりたいランキングで言うと・・

岡崎に捧ぐ(3)

岡崎さんだけ2行ww

岡崎に捧ぐ(4)

そんな決して良いとは言えない二人でしたが、

あるきっかけによって歩み寄りだします。そのきっかけとは友人宅に誘われた先でのこと。なんとそこに岡崎さんもお呼ばれしていました^^

岡崎に捧ぐ(5)

気まずい空気の中、人生ゲームを盛り上げる山本さんでしたが、ここでまさかの追い打ち。ピアノの練習があるの。友人のその一言で二人は家を追い出されます。一番仲良くなりたくない人と2人だけwどれだけの気まずさなのでしょうか?早速帰ろうかなと仄めかす山本さんでしたが、それに対して岡崎さんが言います。

 

岡崎「うち来る?」

 

山本「え!?」

 

岡崎「うち、来る?」

 

岡崎に捧ぐ(6)

断れる空気ではないwwwww

2人は岡崎宅へ向かいます。

岡崎に捧ぐ(7)

お化け屋敷のような佇まいのお家。

ですが、扉を開ければそこは・・あらゴミだらけ(想定内)

ゴミの洗礼を受けた後、パンツ一丁の岡崎父(休職中)に出くわします。でも悪い事ばかりではありません。

岡崎に捧ぐ(8)

まさかのスーファミ所持岡崎家!

当時の印象だとSFCを持っている家はそれなりに裕福な家のイメージってところじゃないでしょうか?岡崎家にはソフトも色々あるようで、”マザー2””聖剣伝説2””ごきんじょ冒険隊”などなどを所持しているようです。

さてスーファミにメロメロな山本さん。早速ゲームを始めようとするのでしたが、そう簡単にいかないのが岡崎家です。

岡崎に捧ぐ(9)

壁ドン(声入り)の開幕wwwww

 

岡崎さんいわくいつも何かに怒っている妹(小2)の仕業なのだとか^^;

岡崎に捧ぐ(10)

殺伐とした中マリオペイントが始まります。

2人は大量にアッフンさせ楽しんだ後、謎の岡崎母(常に赤ワイン片手)らと晩ご飯(マカロニのみ)を共にします。そしてついには泊まっていくように促される岡崎さん^^不思議な一家を前にタジタジとしますが、その姿はどこか楽しそうにも見えます。

 

岡崎「山本さん。」

 

山本「え?」

 

岡崎「ごはん食べたら、さっきの続きしよ。」

 

山本「うん。」

 

(夜中にするゲームは)

 

岡崎に捧ぐ(11)

夜中にゲームが出来る喜びって今じゃあもう感じられないけど、確かにこの感覚って昔あったなー皆さんはどうでしょうか?因みに岡崎家ではどれだけゲームをしていても怒られることはないようです最高ですね!

 

ということで、序盤紹介でした。

この作品はまだ1巻までしか出てないようですが、二人の関係がこれからどうなっていくのか続きが気になります。90年代が青春時代だった人に特におススメ。ほんわかとしたノスタルジーに浸れますよ。

以上「岡崎に捧ぐ」の回でした!

岡崎に捧ぐ(12)

マメ:如月(如月未緒のこと)ときメモのメガネみどり。

マメ2:当時の女子は”りぼん”派と”なかよし”派に分かれていたらしい(後に”ちゃお”派が台頭)

マメ3:ジャンプを1日早く売る店は都市伝説ではない。

追記:2017年現在3巻まで発売中です。