星をみるひと(FC)

1987年発売のファミコンソフト

このソフトは正直最近まで知りませんでした。
あちこちで面白いとか糞ゲーだとか噂が飛び交っていたので、これはもう自分の目で確かめるしかないと思い立ち動画を視聴しました(笑)凄いです!もうしょっぱなから唖然呆然の連続です。オープニングなしでいきなり林に放り出されます。

言い忘れてましたが、本作はRPGです。
しかしこのゲーム、RPGの概念はもはや通じません。序盤でいきなり登場する「ふっかつしゃ」とかいう謎の敵が出たらもう勝てません・・何故いきなりボス級の敵が普通に雑魚キャラに混ざって出るのか?何とか出会わないように街まで着いてまた唖然。お店で売ってる品がIDカードとボム・・テロリスト養成街なのか?

もうね、一つ一つに疑問を持ってしまうと切りが無いですよ。いたるところに突っ込みどころが満載ですから(苦笑)しばらくすると、もう突っ込みなんて無意味なんだとこの不条理な世界をたんたんと眺めている自分がいました。

ただ、これだと星をみるひとが単なる糞ゲーになってしまうので良い部分も記します。まずBGMは凄い良いです。街の曲がやたら病んでますが(汗)どの曲も秀逸です。あとシナリオですがサイバーパンク的なSFでなかなかです。キャラのレベルによって立絵が変わるしラスボスがいないというのも新鮮ですね。ラストがマルチエンディングだし・・

こんな感じですかねぇ。
因みに発売年がドラクエⅡと同じです。ドラクエが凄いのか星をみるひとが酷いのか・・とにかくスーパーアバンギャルドなゲーム「星をみるひと」でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA