最近読んだ過去作品

最近読んだ過去作品3点はこちら↓

ぼくとフリオと校庭で&諸怪志異

諸星大二郎作品の「ぼくとフリオと校庭で」「諸怪志異」です。

まずぼくフリの方ですが、全10作品の短編集となっております。中身は「方舟が来た日」「難破船」「鎮守の森」「ぼくとフリオと校庭で」「沼の子供」「流砂」「黒石島殺人事件」「城」「蒼い群れ」「影の街」で、色々なジャンルの話ですがどれも不思議な話ばかりで面白いです。個人的には柳田国男の影響を受けた、鬼ごっこを題材とする「鎮守の森」や、UFOが見えると言ったり念力が使えるとホラを吹く不思議な少年フリオの話「ぼくとフリオと校庭で」や、カフカを思い出さずにはいられない、会社をたらい回しにされる商社マンの話「城」や、臓器を切り売りして生きていく不況時代の話「蒼い群れ」なんかが良かったかな。どれも面白いですけどね^^

さて「諸怪志異」の方です。

これは中国古典を基にした諸星先生のオリジナル話です。五行先生(道士)とその弟子阿鬼の登場する話が中心で、怪異談を始めとした色んなジャンルの話が楽しめます。読んだら分かりますが、五行先生の安定の安心感が半端ないですwオリジナルだけどもしかして本家より面白いのかもしれません。残念ながら掲載誌が無くなってしまったので、4巻ストップみたいですけどね。

ラストはこちら↓

夜長姫と耳男

「夜長姫と耳男」(近藤ようこ)です。

元は坂口安吾氏(堕落論や白痴でお馴染み)の小説作品なんですが、意外にこの作品知らない人多いかもしれません。というのもむかーし文庫で小説出てたみたいですが、それ以来全く再販されてないようです。なんでこれだけの名作が再販されないのか不思議でしょうがありませんが、一応今は電子書籍で読めるようにはなったみたいです。図書館で全集借りずにパパッと読めてしまう時代って凄いですね^^安吾さんが今の日本見たらなんて言うかな?

話を戻しまして内容ですが、カンシャクもちで小心者の耳男(職業匠)が、何の因果か美しいと評判の長者の娘、夜長姫の為に仏像を造るというお話しです。これだけ聞くと普通の話にしか聞こえませんが、まさかここからあんな事になっていくなんて思いもしないわけです(;゚Д゚)ここまで背筋が凍る作品って中々無いんじゃないかと思いますよ。漫画は近藤洋子さんですが、これもやっぱり良いです。以前紹介した「五色の船」もそうですが、小説の漫画化が上手いです!凄い難しいことだと思うんですけどね、いつもの如く魅力的な絵とともに読ませます。

原作も漫画も読んでいる身としては、小説から読んでもいいし小説の前に漫画を読んでも全然楽しめるレベルだと思います。でもやはり小説で読んだ時のあの背筋が凍るような恐ろしさを体験したい人は、まず原作から入った方がいいかもしれません。そこで安吾さんの凄さを思い知ってほしいですねw

ということで久しぶりの最近読んだ過去作品でした!今気づいたけど両作品とも怖いやつじゃん(>_<)