筐体でやりたくなったゲーム

 

最近もよく知らないゲーム動画をちょくちょく見に行ってる30号ですが、まだまだ未開の地はありそうです^^

とはいっても、マイナーゲーでしかも面白いやりたくなるなんてゲームは、そうそう見つからないものですね。そもそも面白かったらマイナーではないはずだしw

さてそんな中、最近凄いやってみたくなったゲームを見つけました。

それがこれ↓

 

94年にナツメ社より発売のSFCソフト「WILD GUNS(ワイルドガンズ)」です。このゲームはジャンル的にはアクションガンシューティングっていう枠らしいのですが、ジャンルもそうですが、ゲームとしても相当マイナーな存在のようです。(まずナツメって会社が???ですしねw)

でもこれ知ってる人には凄い賛美されていて評価も高いようです!

分かりますね~見てるだけで面白いですから^^

しかし、こんな良ゲーがスーファミで出てるなんて全く知りませんでした・・子供のころ知ってたら絶対ハマってたと思います。

 

さて話を戻しましてワイルドガンズですが、西部劇風のステージから始まるので、あぁこれはそういうガンマンのやつねっ、と思いつつ動画視聴していたら、何やら機械的な・・ロボ登場!?

 

西部劇+SF・・!??

 

そうこのゲーム、何ともスチームパンク然とした世界観なんです!

ガンマンがロボを銃で滅多打ち!

いいですね~この感じ好きです♪

 

そんなこんなで、すっかり「WILD GUNS」に夢中になってしまった30号ですが、実はこのアクションガンシューティングには系譜らしきものがあるらしく、88年にTADコーポレーションからアーケード発売された「カベール」(発売元はタイトー)や、同じく90年にTADコーポレーションよりアーケード発売の「ブラッドブラザーズ」なんかがあるそうです。(TADコーポレーション??^^;)

 

細かく言うとまだいくつかあるようですが、30号が見た中では個人的にこの上記二つのゲームが面白そうでやりたくなりました。

今ゲーセンでこんなの置いてるとこあるんですかね~?

見つけたらやってみたいなぁ・・

 

以上。久しぶりに盛り上がったマイナーゲー紹介でした!

こちらが「WILD GUNS」↓

2Pプレイで友達とやっても面白そうじゃない?^^